マルクで払えるのでユーロは不要 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Home » ブランド » C&A Europe » マルクで払えるのでユーロは不要 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
C&A Europe コメントはまだありません
  • [image]Evan Vucci/Associated Press

     各地の出来事や人々の表情を迫力ある写真で紹介します。

  • [image]Anselmo Ramos/David The Agency

     ハンバーガーの歴史をつづった書籍「The World Is Your Burger」。ボクシングの世界ヘビー級元王者モハメド・アリがかぶりつく姿や1920年代の上品なハンバーガーショップなど貴重な写真を載せ、モスバーガーがわさびやテリヤキなど独自のアレンジを加えたことも紹介。

  • [image]Queensland Sotheby’s International Realty

     オーストラリア北東部クイーンズランド州のコーラル・シーに面する地中海風の邸宅。専用マリーナや映画館、ジム、ヘリポートがあり、コンウェイ国立公園にも近い。1900万豪ドル(約15億6000万円)で売り出し中。

  • [image]Cristina Candel for The Wall Str

     語学教室として使われていた部屋を改造して作られたスペイン・マドリードのパラシオ地区にある高級アパート。建物は19世紀のもの。

  • [image]Kevin Lamarque/REUTERS

     1959年のアイゼンハワーからオバマ、トランプ各氏まで歴代の米大統領がローマ法王と会談したシーンを振り返る。米国初のカトリック教徒の大統領となったケネディ氏は1963年にパウロ6世との歴史的な会談に臨んだ。ニクソン氏は1969年の会談の際、米芸術家ベームによる植物と小鳥の彫刻作品を贈った。

  • [image]Angela DeCenzo for The Wall Street Journal

     米サンフランシスコのIT(情報技術)企業で働くブレンダ・ベリスさんの愛車は、フォルクスワーゲンの1973年型「シング」。第2次大戦時にドイツ軍が使用していた軍用車両を民間仕様に改良したもの。魅力的だが風変わりなその見た目から、車雑誌で「今も愛される1970年代の醜い車」の第1位に選ばれたこともある。

  • [image]Nick Springett

     ワン・ダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズがロサンゼルスに所有するモダンな邸宅。ほぼすべての部屋からダウンタウンや太平洋などの景色を楽しむことができる。

  • [image]Osservatore Romano/REUTERS

     ドナルド・トランプ米大統領は24日、バチカンでローマ法王と会談する予定だ。法王と外国首脳との会談は、何世紀にもわたって洗練された優雅な儀式にのっとって行われる。訪問者は名画が飾られた10室以上の部屋を通って法王の待つ書斎へと案内され、そこでまず法王と20分ほど雑談を交わすのが通例だ。

  • [image]Rex Features/Associated Press

     英マンチェスターのコンサート会場で22日夜に起きた自爆テロ事件では、少なくとも22人が犠牲となった。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出したが、ISと事件の関係について当局の確認は取れていない。事件から一夜明けた23日、マンチェスター中心部のアルバート広場では犠牲者の追悼集会が開かれた。

  • コメントを残す