ザラホーム/表参道駅前に日本初の旗艦店オープン – 流通ニュース

Home » ブランド » Inditex » ザラホーム/表参道駅前に日本初の旗艦店オープン – 流通ニュース
Inditex コメントはまだありません

ザラホーム・ジャパンは4月11日、港区南青山に「ZARA HOME AOYAMA」をオープンする。

<ZARA HOME AOYAMA>
20140410zarahome 1

東京メトロ表参道駅B3出口前の複合ビル「青山ライズスクエア」の1階に出店。店舗面積は約700㎡で、日本国内では初の路面店で旗艦店の位置づけ。総アイテム数は約4万点。

<店内の全景>
20140410zarahome 2

ザラホームは、アパレルブランド「ZARA」などを展開するスペインのINDITEXグループ傘下のファッションインテリア雑貨ブランド。2003年に創設し、現在、世界54か国に400店を展開する。

<店内の様子>
20140410zarahome 3

日本には昨年4月、「ららぽーと横浜」と「グランフロント大阪」に同時出店し、上陸を果たした。

ファッションとインテリアの融合をテーマとしたブランドで、商品の約70%は、ベッドリネンやバス、テーブル用のホームテキスタイルを展開。

そのほか、食器、部屋着、キッズ・ベビー、ギフトアイテムなどを販売する。

<レジ前のベットのディスプレイ>
20140410zarahome 4

「ららぽーと横浜店」の店舗面積は約340㎡、「グランフロント大阪店」の店舗面積は約500㎡で、ショッピングセンターの出店は、今後もほぼ既存店と同等の規模を予定する。路面店である青山店は大型店で、路面店の標準フォーマットは今後検討するという。

<エチェバリア広報本部長>
20140410zarahome 5

関係者向けの内覧会で来日したINDITEXグループのヘスス・エチェバリア広報本部長は「ファッションは、毎日、毎週、毎月と変えていくことで、自分の気分を変えることができる。部屋のデコレーションも、変化を加えることで、気分を一新できる。ザラホームでは、ファッションと同じように、インテリアを変えていく提案をする」と店舗の特徴を解説した。

<ベーシックテキスタイル>
20140410zarahome 6

アパレルブランド「ZARA」と同様に、週に2回のサイクルで新商品を投入、売り切りを基本とし、来店するたびに新しい発見がある店舗を目指す。既存の「ららぽーと横浜店」と「グランフロント大阪店」の業績は想定以上の実績で、4月18日には千葉県船橋市の「ららぽーとTOKYO-BAY」に4号店を出店する。

<バリ、トルココレクション>
20140410zarahome 7

INDITEXグループは5月9日、10代~20代前半にむけたブランド「Stradivarius(ストラディバリウス)」の日本2号店を「ららぽーとTOKYO-BAY」に出店する。

<アクアリウムガーデンのテキスタイル>
20140410zarahome 8

「ららぽーとTOKYO-BAY」には、「ZARA」と「Bershka」が出店しており、INDITEXグループ傘下の日本上陸ブランドの4つすべてがそろうこととなる。

ザラホームの展開では、INDITEXグループ傘下のブランドが出店している商業施設を含め、ショッピングセンター、駅ビル、ファッションビル、路面店を想定する。将来的には、政令指定都市など全国の都市部に店舗を出店する計画だ。

<ベーシックテキスタイル前のディスプレイ>
20140410zarahome 9

青山店では、ベーシックテキスタイル、ルームウェア、テーブルウェア、キッズ、フレグランスのほか、2014年春夏の季節コレクションである。「amazonia(アマゾニア)」、「Aquarelle Garden(アクアリウムガーデン)」、「AROUND TURKEY(トルコ)」、「BALI(バリ)」を展開。そのほか、ホテルをイメージした「HOTEL COLLECTION(ホテルコレクション)」などを展開する。

<テーブルウェアコーナーの奥にキッズを展開>
20140410zarahome 10

キッズでは2014年春夏は、「Imagine(イマジン)」「Summer Festival(サマーフェスティバル)」「Western Story(ウエスタンストーリー)」の3つのコレクションを販売する。

<ブルーを基調とした男の子向けイマジンコレクション>
20140410zarahome 11

<ピンクを基調とした女の子向けイマジンコレクション>
20140410zarahome 12

イマジンは、空をインスピレーションの源とし、雲や雨をモチーフに、ホワイト、ピンク、ブルーといった柔らかいカラーを基調とした。

<キッズのメインディスプレイ>
20140410zarahome 13

サマーフェスティバルは、夏の日差しを感じさせる明るいガーデンに、花や生き物が共存している風景をモチーフとし、カラフルな花や鳥、おとぎ話のピーターパンや、パイレーツを描いた。

<サマーフェスティバル>
20140410zarahome 14

ウエスタンストーリーは、カウボーイやインディアンをテーマとし、大胆なグラフィックを施したアイテムを投入した。

<ウエスタンストーリー>
20140410zarahome 15

2014年春夏のホテルコレクションのテーマは「ART NOUVEAU(アールヌーヴォー)」で、レリーフパターンと刺しゅう素材を組み合わせた遊びのあるデザインや、白を基調とした中に、抽象的な花や植物などの有機的なモチーフを加えたデザインを採用した。今シーズンは、シルバーのディテールも取り入れた。

<ホテルコレクション>
20140410zarahome 16

アマゾニアコレクションは、トロピカルな葉、オウム、パイナップルをモチーフとした。熱帯雨林をテーマに、異国情緒ある果物やトロピカルバードの羽を思わせる鮮やかな色を合わせた。

<アマゾニアコレクション>
20140410zarahome 17

アクアリウムガーデンは、印象派のロマン主義に描かれているような庭園と、パステルトーンを取り入れた。花、チョウ、小鳥の水彩画風の描写をベースとし、シルクや麻、コットンなど繊細な素材を用いたファブリックをそろえた。

<パステルトーンのアクアリウムガーデン>
20140410zarahome 18

東洋と西洋が融合した文化を持つトルコもテーマの一つとした。素材や柄を融合させ、東洋と西洋が出会う場所、コンスタンチノプールのエスニックな雰囲気を表現した。

<トルココレクション>
20140410zarahome 19

バリは、インドネシアの伝統的な染織工芸をイメージした。エスニック柄には、インドネシアの伝統的なろうけつ染を用いた。ターコイズ、リーフグリーン、レモンイエローなどの明るい色味が、特色という。

<バリコレクション>
20140410zarahome 20

ラッピングギフトサービスにも対応、無料の包装紙のほか、有料でギフトボックス(税込500円)、グラス用ギフトボックス(4種・各100円)を用意した。

<グラス用ギフトボックス>
20140410zarahome 21

店頭では、基本的に枕カバー、クッションカバー、掛布団カバー、敷き布団カバーなどを展開。一部の商品をのぞき、中材を別売りする。クッションの中材は、30×40cm、30×50cm、40×40cm(各890円)、50×50cm(980円)、60×60cm(1480円)の5種類を販売する。

<店舗入口脇のディスプレイ>
20140410zarahome 22

エチェバリア広報本部長は「ららぽーと横浜店とグランフロント大阪店で、日本のお客さまの声を拾い上げている。本社のデザイナーは良い商品だけでなく、不評の商品も把握している。今後も日本のお客さまにあった最良の商品を届けて行きたい」と語った。

<メインショーウィンドー>
20140410zarahome 23

店舗概要
所在地:東京都港区南青山5-1-22
青山ライズスクエア1階
TEL:03-6418-5171
営業時間:11時~21時(日・祝20時閉店)
店舗面積:約700㎡
取扱アイテム数:約4万点

<店舗入口のアマゾニアのディスプレイ>
20140410zarahome 24

<アマゾニアの壁面ディスプレイ>
20140410zarahome 25

<アマゾニアのアイランドディスプレイ>
20140410zarahome 26

<バリの壁面ディスプレイ>
20140410zarahome 27

<フレグランスコーナー>
20140410zarahome 28

<青山店から販売開始の車用フレグランスと香りカード>
20140410zarahome 29

<レジ前の雑貨>
20140410zarahome 30

<レジ脇にルームウェアを展開>
20140410zarahome 31

<マネキンのディスプレイを初導入>
20140410zarahome 32

<メンズのルームウェアも販売>
20140410zarahome 33

<ブルーを基調としたテキスタイル>
20140410zarahome 34

<売れ筋のフォトフレーム>
20140410zarahome 35

<人気の写真が3枚入るフォトフレーム(3990円)>
20140410zarahome 36

<地球儀など置物も販売>
20140410zarahome 37

<花瓶も人気商品のひとつ>
20140410zarahome 38

<ハンガー売場>
20140410zarahome 39

<ベーシックテキスタイルの入口>
20140410zarahome 40

<白を基調としたベーシックテキスタイル>
20140410zarahome 41

<ベーシックテキスタイルはカラー展開で柄無しが基本>
20140410zarahome 42

<テーブルウェアコーナーの入口>
20140410zarahome 43

<テーブルウェア左壁面>
20140410zarahome 44

<テーブルウェア右壁面>
20140410zarahome 45

<テーブルウェアのディスプレイ>
20140410zarahome 46

<一部にプラスチック製で質感のある商品も>
20140410zarahome 47

<手作りの商品も販売>
20140410zarahome 48

<バリコレクションのテーブルウェア>
20140410zarahome 49

<キッズコーナーの全景>
20140410zarahome 50

<キッズの壁面ディスプレイ>
20140410zarahome 51

<ディズニーとのコラボ商品>
20140410zarahome 52

<キッズの食器コーナー>
20140410zarahome 53

<キッズ用のフレグランスも展開>
20140410zarahome 54

<ぬいぐるみも販売>
20140410zarahome 55

<店舗入口のキッズのディスプレイ>
20140410zarahome 56

<レジ>
20140410zarahome 57

<店舗外観の全景>
20140410zarahome 58

コメントを残す