三陽商会、売り場250カ所閉鎖へ 10ブランド廃止 – 朝日新聞

Home » 撤退 » 三陽商会、売り場250カ所閉鎖へ 10ブランド廃止 – 朝日新聞
撤退 コメントはまだありません

 アパレル大手の三陽商会は28日、経営改善の進み具合を公表した。英ブランド「バーバリー」の国内ライセンス契約が昨夏に切れ、業績不振が続いているため、来年8月までに計10ブランドを廃止し、計250カ所の売り場を閉める。ただ、抜本的な立て直し策は打ち出せていない状況だ。

 同社はバーバリーの後継ブランドに「マッキントッシュ ロンドン」などを投入したが、販売に苦戦している。約250人の早期退職を実施するが業績の見通しは厳しく、追加の改善策を迫られた。

 同社は30以上あるブランドのうち、来年2月末までに「ポール・スチュアートスポーツ」など8ブランドを終了。さらに成長の期待できない2ブランドもやめる方向だ。また昨年末に1478カ所あった売り場のうち、今年は80カ所、来年は170カ所を閉鎖する。保有している株式や資産の売却も進める方針だ。

 同日発表した2016年1~9月期決算は、売上高が前年同期比35・0%減の478億円。営業損益は83億円の赤字、純損益も81億円の赤字だった。記者会見した杉浦昌彦社長は「直近の業績が当社の実力を示していると真摯(しんし)に受け止めている。赤字脱却のための構造改革を最優先課題と位置づけている」と話した。

 同社の再建策づくりは難航しており、10月中に公表予定だった新たな中期経営計画についても、「若手も含めて全社的に考えたい」(杉浦社長)として、来年2月に公表を延期する。(栗林史子)

     ◇

 三陽商会が撤退するブランド

・ポール・スチュアート スポーツ

・バンベール(レギュラーサイズ、Lサイズ)

・アレグリ

・フランコ・プリンツィバァリー

・ビアンカ・エポカ

・プリングル1815(レディースのみ)

・アマカ(Lサイズのみ)

この他、未公表の2ブランドも含めて、来年8月までに撤退予定

コメントを残す