映画『氷菓』主演・山﨑賢人×広瀬アリス、人気学園ミステリー小説を実写化 – Fashion Press

Home » ブランド » L Brands » 映画『氷菓』主演・山﨑賢人×広瀬アリス、人気学園ミステリー小説を実写化 – Fashion Press
L Brands コメントはまだありません

映画『氷菓』が、2017年に全国の劇場で公開される。主演に山﨑賢人と広瀬アリスを迎え、米澤穂信の青春学園ミステリー小説「氷菓」を実写映画化。

緻密な謎解きの面白さと、“省エネ主義”の学生探偵と仲間たちのキャラクターの妙から、青春ミステリー小説として多くのファンを獲得している原作小説。シリーズは累計205万部を突破しているほか、様々なメディアミックスも展開。コミックスは累計90万部、アニメはBD&DVD累計19万枚を突破、舞台となった飛騨高山はファンの間で“聖地”となるなど、各地で盛り上がりをみせる人気作品だ。

主演、折木奉太郎演じるのは、月9ドラマ『好きな人がいること』や『四月は君の嘘』『ジョジョの奇妙な冒険』など、近年多数の作品でめざましい活躍をみせている山﨑賢人。クールな省エネ男子であり、自身初となる「学生探偵」という難しい役どころに挑戦する。

そして、ヒロイン・千反田える役には、『探偵ミタライの事件簿』『L -エル-』など映画・TVと幅広く活躍する若手注目女優・広瀬アリス。好奇心のかたまりなお嬢様というキャラクターを魅力たっぷりに演じる。

監督は、『バイロケーション』『劇場版零〜ゼロ〜』の実力派・安里麻里。豪華キャスト&スタッフと共に、ほろ苦くも眩しい謎解き青春学園エンタテーメントを世に送り出す。

【ストーリー】

「わたし、気になります!」奉太郎の安穏とした灰色の高校生活が、この一言で一変してしまった。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする「省エネ主義」の高校一年生、折木奉太郎。神山高校でも安穏とした<灰色>の高校生活を送るつもりでいた奉太郎だったが、姉の命令で廃部寸前の「古典部」に入部することになってしまう。嫌々部室へと向かった奉太郎は、そこで、“一身上の都合で”古典部に入部してきた少女・千反田えると出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象のえるだが、その正体は、一度「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。中学からの腐れ縁、福部里志と伊原摩耶花も入部し、活動目的が不明なまま、ここに新生古典部が発足した。えるの好奇心に巻き込まれるうちに、神山高校で起こる不思議な出来事を次々と解き明かしていく奉太郎。そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をする。「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」という、一見荒唐無稽に見えたその依頼は、思いがけず、33年前に起きたとある事件へとつながっていき…。奉太郎たちは、33年前に発行された古典部文集≪氷菓≫と歴史ある学園祭に秘められた≪真実≫を解き明かすべく、歴史の中に埋没し、伏せられてきた謎に挑んでいく。

【作品情報】

映画『氷菓』

公開時期:2017年全国公開

キャスト:山﨑賢人、広瀬アリス

原作:米澤穂信(角川文庫)

監督・脚本:安里麻里

配給:KADOKAWA

© 2017「氷菓」製作委員会

コメントを残す