しまむら3~11月期、純利益36%増 最高更新 – 日本経済新聞

Home » ブランド » しまむら » しまむら3~11月期、純利益36%増 最高更新 – 日本経済新聞
しまむら コメントはまだありません



 しまむらが26日発表した2016年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比36%増の264億円だった。同期間として過去最高を更新した。主力のカジュアル衣料チェーン「しまむら」で冬物商品の売れ行きがよく、ベビー・子供用品を扱う「バースデイ」もプライベートブランド(PB)を中心に販売好調だった。

 売上高は5%増の4284億円だった。しまむら事業の売上高は4%増えた。冬物では裏地に起毛を使った商品がよく売れた。値引き販売を抑制し、売上高総利益率は33.7%と、前年同期から1.7ポイント改善した。営業利益は28%増の395億円だった。

 17年2月期通期の業績予想は据え置いた。通期予想の営業利益(462億円)に対する3~11月期の進捗率は85.6%に達した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕





コメントを残す