「無印良品」人気のワケ|レトルトカレーと一緒に買える化粧水こそ、男性の本音にフィットする

Home » ファッション » 「無印良品」人気のワケ|レトルトカレーと一緒に買える化粧水こそ、男性の本音にフィットする
ファッション コメントはまだありません



当連載ではこれまで、メンズラインを展開する美容ブランドの担当者にインタビューを重ね、メンズビューティの必要性やそのメリットを探ってきた。しかし今回は、美容ブランドではなく「無印良品」を取り上げる。その理由は、先日『For M』で実施した読者アンケートで「無印良品」の化粧水を使用している男性が多いことが分かったからだ。

生活雑貨や食品、洋服、家具などを広く取り扱う「無印良品」は、誰もが一度は利用したことがあるだろう。その中でスキンケア商品に特別注力しているという印象はない。しかし、そんな「無印良品」のスキンケア商品が支持されているという点にこそ、世の男性の美容に対する本音が隠されている気がしてならない。
 

そこで、具体的にどんな点がユーザーに響いているのか探るべく、「無印良品」のスキンケアライン担当者に取材した。すると、「無印」のプロダクトには独自の理念が反映された実直なモノ作りが息づいていることが分かった。

写真:山田英博   文:しらいしょうこ(For M)   取材協力:良品計画

●●●

 

◆私たちが手に取りたくなる「MUJIっぽさ」の正体

「無印良品」のプロダクトが一目見てソレと分かるのは、「生活の基本となる本当に必要なモノを必要なかたちで作ること」という一貫したブランド理念が一つひとつの商品に反映されているからだ。

「無印良品」の人気商品と言えば「体にフィットするソファ」や「レトルトカレー」などを思いつくが、そのほかにも文房具や洋服、家具など、同社が取り扱う日用品は実に幅広い。そのすべての商品に共通するのが、生活に溶け込むシンプルなデザインと色使い、ハイスペックと言うよりもかゆいところに手が届く機能性、手に取りやすい価格、素材や原料を明記している安心感だ。

これらのユーザーへの配慮に満ちたこだわりを持ち続けていることこそ、「無印良品」が多くの人に愛用されている要因だろう。つまり、「MUJIっぽさ」の正体は「ユーザーの生活に寄り添うこと」がかたちになったものだと言える。スキンケア商品も、そんな「無印良品」の思いが込められたモノのひとつだ。しかし、「MUJIらしい」使い勝手の良さや安心感があるからと言って、男性がわざわざ美容にやる気を出し、化粧水を購入する理由にはならない。

では、実際に多くの男性に「無印良品」の化粧水が支持されている要因とは? ひょっとしたら多くの美容ブランドに勝るとも劣らない独自の販売戦略があるのだろうか。「無印良品」のスキンケア担当者にその疑問をぶつけてみたところ、男性に向けて特別なアピールはしていないと言う。果たしてその真意とは?

>>>男性にとって“ちょうど良い”MUJI的こだわり





コメントを残す