ゴルフ5時間「異例」のはしご… 意気投合する日米首脳 – 朝日新聞

Home » ブランド » IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー) » ゴルフ5時間「異例」のはしご… 意気投合する日米首脳 – 朝日新聞
IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー) コメントはまだありません



 安倍晋三首相は11日(日本時間12日)、訪問先の米フロリダ・パームビーチでトランプ大統領とゴルフに興じた。両首脳はトランプ氏ゆかりのゴルフ場2カ所を「はしご」し、計約5時間にわたり27ホールを一緒に回るなど親密さを強調した。日本政府は、米大統領による「異例中の異例」(日本外務省幹部)の厚遇だと受け止めている。

 ポロシャツ姿の両首脳は同日午前9時過ぎ、滞在先のトランプ氏の別荘を出発。10台以上の車列で向かった「トランプ・ナショナル・ゴルフクラブ・ジュピター」では、同日午前10時過ぎから約3時間40分をかけ、18ホールを回った。南アフリカ出身で元世界1位のアーニー・エルスさんも同伴した。

 両首脳はその後、2カ所目となる「トランプ・インターナショナル・ゴルフクラブ・パームビーチ」に移動。約1時間20分かけて、9ホールを回った。

 日米双方の取材団には両当局から「取材の機会の有無は分からない」と断りがあったうえで、それぞれ代表取材の募集がかけられた。だが、代表取材団は両首脳のプレー中、ゴルフ場内や周辺の屋内施設で待機。両首脳がプレーしたホールに立ち入ることは認められず、日本政府の内閣広報室は報道各社に写真2枚を提供した。

 一方、トランプ氏はゴルフ後の…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら





コメントを残す