スーツの手元で分かる。仕事で結果を出せない男はアレが出ていない

Home » ファッション » スーツの手元で分かる。仕事で結果を出せない男はアレが出ていない
ファッション コメントはまだありません



ねぇ、オジサンたちに聞きたいことがあるんだけど、お客さんが来たらお茶を出すでしょ? 「お構いなく~」って言われてもお茶を出すのって、“そういうものだから”でしょ? なのになぜシャツの袖は出さないワケ?

ジャケットの袖からシャツが見えていないオジサンをよく見かけるけど、なんだか間抜けな感じがする! 「あれ、カッコ悪くない?」ってスタイリストの栖川彬子さんに聞いてみたら、実は「シャツの袖はジャケットから●cm出す」っていう着こなしルールがあるらしいわよ。知ってた?

写真:山田英博   スタイリング+アドバイザー:栖川彬子   文:しらいしょうこ(For M)

●●●

洋画が流れるカフェで打ち合わせするスタイリストの栖川さんと『For M』編集部のしらい。栖川さんの後ろの画面にマッチョな男性が悪者と戦ったり、女性とほにゃららする映像がチラつくものだから、栖川さんの話が全然入ってこない。ジーザス……。

編集部・しらい(以下、しらい):ねぇねぇ、外国人の胸毛なら「モジャモジャ、ワイルド~」で済ませられるけど、日本人だと「モジャモジャ、キタナイ……」って引いちゃわない?

栖川彬子(以下、栖川):キタナイとは思わないけど、たしかに外国人の胸毛の方がナチュラルに受け入れられるよね~。私、モデルさんを着替えさせるじゃない? たまに胸毛がちょっとした森みたいな人とかいるよ。

しらい:わぁ~森レベルの胸毛なんて絶対ムリだ。なんか住んでそう。でも、男性の胸毛が好きな子も意外といるよね。そういう子がスタイリストになったら、いろんなタイプの胸毛を、人よりたくさん見られて幸せ感じるかもね。

栖川:そこまで好きならスタイリストじゃなくて、胸毛鑑定士みたいな仕事をしたほうが良いね。胸毛でもなんでも、適度なのが一番だと思う。

しらい:そうそう、何事もちょうど良い加減ってのがあるよね。着こなしで言うところの“丈”は特に、加減が重要じゃない? 普段、オジサンたちを見ていて思うんだけど、ジャケットの袖からシャツが見えないもしくは見え過ぎてるのがザンネンなんだよねぇ……。

栖川:うんうん! シャツの袖丈は短すぎても長すぎてもダメ!

しらい:似合う似合わない以前に、スーツの基本的な着こなしを知らないってすごく恥ずかしいよね。あ~あ、ちょうど良くみえてるとカッコイイのに~。スーツの手元からシャツの白い袖が少しだけ見える、あのチラリズムがすごくイイのに~~。





コメントを残す