痛いおじさんにならない!35歳からの週末服の選び方

Home » ファッション » 痛いおじさんにならない!35歳からの週末服の選び方
ファッション コメントはまだありません



年齢に合わせて似合う服が変わる理由とは?

「あれ? 以前はこの服、似合っていたはずなんだけどな……」

クローゼットに保管していたカジュアル服を久しぶりに着たとき、急に違和感を覚えることはありませんか? その感覚、気のせいではないかもしれません。

あどけなさが残る20代前半ころに比べ、年齢とともに我々の顔つきは確実に変化しているからです!

30~40代を中心にのべ4000人近い男性の買い物に同行してきたガイドである私が、35歳から見直すべき「痛いカジュアル服」と、おすすめの「カジュアル週末服」について教えます。

無骨系「ワーク・ミリタリー」は大人には危険かも? 

M-65タイプのミリタリーブルゾン。無骨カジュアルのテイストが強いデザインほど人を選びます。

M-65タイプのミリタリーブルゾン。無骨カジュアルのテイストが強いデザインほど人を選びます。


25歳ころまでは、顔つきにカワイさや幼さが残っているからこそ、無骨でカッコイイ印象が強い「ワーク・ミリタリー」テイストとバランスがとれ、無条件で似合っていたはず。

しかし、35歳を過ぎると「カジュアル服ほど、顔がくたびれて見えてしまう」という現象が起こります。

もちろん、デザイナーや古着屋のショップで働いている人など、職業上のキャラが立ちやすい場合は、この限りではありません。こだわって着ていれば何歳になっても好みを貫くことがカッコよさにつながることもあります。

ただ、ふだんスーツやオフィスカジュアルで働くビジネスマンが「なんとなく週末はカジュアルに」と考えている場合、「カーゴパンツ」「M-65ブルゾン」のようなミリタリーテイストが強いデザインは、35歳ころから似合う人が限定されがちです。「ネルシャツ」「チノパン」「ワークブーツ」のようなワーク系アイテムもくたびれて見えがちなので、正直、着こなしに注意が必要です。

これらを回避するためには、同じカジュアル属性であっても「スポーティー」テイストを選ぶことをオススメしています。

例えば、「ジョガーパンツ」や「白スニーカー」などのさわやかなテイストの「スポーティ」テイストです。それらをポリウレタン・ナイロン・レーヨン・リヨセル・テンセルなどのストレッチ素材のジャケットなどに合わせると、簡単にカジュアルな好印象スタイルをつくれます。

 

ミリタリーを連想するカモフラ柄もジャケットタイプはカジュアル過ぎない印象に!

ミリタリーを連想するカモフラ柄もジャケットタイプはカジュアル過ぎない印象に!

また、どうしてもミリタリーなどのテイストを着たい場合、「カモフラ柄」の「テーラードジャケット」のように、「ミリタリー要素を取り入れながらも、カタチは大人っぽい服」を選ぶのもおすすめです。こういったハイブリットなアイテムならば、誰しも年齢の壁を越えやすいように、私には見えます。

普段スーツスタイルが似合うビジネスマンであるほど、35歳を過ぎたころから週末カジュアルの見直しが必要です。「無骨でカッコいい」と「エレガントで大人っぽい」、両者のバランスを見直しましょう!

 

遊ぶなら、デザインより「素材感」で!

タオルのようなパイル生地のポロシャツ。第一ボタンの素材も印象的!素材感を活かした1枚です。

タオルのようなパイル生地のポロシャツ。第一ボタンの素材も印象的!素材感を活かした1枚です。

比較的年齢を選ばない「スポーティー」テイストは、落ち着きやさわやかさは出やすくなります。しかし、「定番素材を無難に着てしまう」とどうしても遊び心やおしゃれ感が足りないケースも。例えばポロシャツを選ぶ場合、一般的な鹿の子素材のポロシャツでは、「ゴルフをしているおじさん」に間違われるかもしれません! かといって、派手で華美な服こそ「痛くなる」のも事実で気が引けます。

そこで、遊ぶなら「素材感」というのが重要になります! 

若いころは、服の違いを識別するとき、わかりやすい3つの視点として、「シルエット・色・デザイン」を考えていたと思います。35歳以上のカジュアルにおいては、素材感にも気を配りましょう。

そこで試してもらいたいのが、画像のようなタオル生地の素材やひとつだけ異なる第一ボタンなど、「素材」に遊びがあるアイテム。これによって生じたさりげない「特徴」で、無難過ぎず、おしゃれな印象に変えることができます。

また、ポロシャツの場合、ピタッとしたボディーラインで『第2の肉体』を強調することも重要なのでお忘れなく! 細身であっても、恰幅がよくても、どちらの場合もある程度ボディーラインを強調する着こなしをお薦めしています。

寸足らずに見える「七分袖」はクシュッとたくし上げ

袖を折り返しているだけで、たくし上げていない7分袖シャツ。袖の寸が足らないという印象が強調されがちです。

袖を折り返しているだけで、たくし上げていない7分袖シャツ。袖の寸が足らないという印象が強調されがちです。

もう一つ、「痛い印象」になりやすいのが、女性や若い男性の服には一般的ですが、大人の男性には難しくなってくる「七分袖シャツ」です。

そもそも、袖がピンと伸びている七分袖ほど難易度が高い服はありません。あるべき袖がないことが強調されているようで、妙に手首が協調されたり、ただの「寸足らず」な印象に見えることもあるからです。

しかし、以前「三首理論」の手首を出す着こなしでも示した通り、実際は男性も手首や腕を少し見せることでバランスよい着こなしになるのは確か。

そこで試してもらいたいのが、七分袖シャツの袖をクシュクシュッとたくしあげる着こなしです。「なんだか違和感……」と思っていた印象が180度変わるはずです!

たくし上げた7分袖がクシュクシュの5分袖に見える!着方ひとつで同じシャツも見え方が変わります。

たくし上げた7分袖がクシュクシュの5分袖に見える!着方ひとつで同じシャツも見え方が変わります。

「寸足らずに見えていた7分袖」が「クシュクシュした5分袖」になると、同じシャツもまったく見え方が変わります。シャツのエレガントさに、男らしく無骨ながらも、カジュアルで余裕のある雰囲気を醸し出すことができます。

この袖をたくし上げることで生まれるクシュクシュと波打った状態を「ドレープ感がある!」といいます。この「ドレープ感」などの着こなしテクニックが、シャツの素材感を引き出したり、上記のようにディテールをプラスしてくれたりと、「痛くない大人カジュアル」において重要な要素になってきます。

35歳からは、どんなにシンプルな服であっても、着方の工夫で差をつけましょう!





コメントを残す