アパレル企業がなぜ“一人しゃぶしゃぶ店”を出すのか – 日経トレンディネット

Home » 池袋 » アパレル企業がなぜ“一人しゃぶしゃぶ店”を出すのか – 日経トレンディネット
池袋 コメントはまだありません



 自社ブランド名を看板に掲げたカフェや、日本初上陸の飲食店を続々とオープンさせているアパレル企業のベイクルーズ。前編では飲食業界に参入したきっかけや、海外の飲食店を誘致する際の基準などについて聞いた。後編は、飲食業とアパレルの違いや今後の展開について、引き続き、同社の野田晋作上席取締役副社長に聞く。

ベイクルーズ上席取締役副社長の野田 晋作氏は1976年東京都生まれ。高校を卒業後、文化服装学院ディスプレイデザイン科進学。卒業後、「エディフィス」のアルバイトとしてベイクルーズに入社し、24歳でPRに抜てきされる。プレスやクリエイティブ部門の統括責任者を経て現職。現在は主に経営企画、飲食、フィットネス部門の事業責任者を兼務。写真/シバタススム

[画像のクリックで拡大表示]

コーヒーは3ブランド。でも切り口がまったく違う

――シティショップについて、「エリアの近い店が同じようなことをやっても顧客を食い合うだけ」と言っていたが、渋谷・表参道エリアにはコーヒー専門店が、業態違いで3つもある。「GORILLA COFFEE(ゴリラ コーヒー)」「COUTUME(クチューム)」「Roasted coffee laboratory(ローステッド コーヒー ラボラトリー)」と、3ブランドも持つ理由は?

野田晋作氏(以下、野田): コーヒー専門店と聞くとすべて同じように見えるかもしれませんが、ブランドの切り口がそれぞれまったく異なります。ゴリラ コーヒーはブルックリン発のデザインコンシャスな店。コーヒーの質にもこだわるが、どちらかというとインパクトで売っている。パリから持ってきたクチュームは繊細な焙煎をした高級な豆を紅茶のようにいれるという、ゴリラ コーヒーとはまったく違うアプローチした店。さらに、本社の1階にあるローステッド コーヒー ラボラトリーは、自社で焙煎した豆を使っているのが売り。ここで焙煎した豆はベイクルーズが運営するほかの飲食店でも使用しています。

1つの店にいろんなブランドのダウンがあるのと同じ

――各ブランドのターゲットは?

野田: ゴリラ コーヒーは店内に大音量でヒップホップを流すなど、10代から20代をターゲットにしています。今後は多店舗化していきたい。一方、クチュームは豆への強いこだわりがある店。いずれレストランへの卸売りもできればと考えています。これら2店舗の知見を生かし、オリジナルのブランドとして作ったのがローステッド コーヒー ラボラトリーです。本来は「このジャンルならこの業態」と絞るべきなのかもしれません。でも、同一ジャンルで複数の業態があっても、さほど食い合わないのではないでしょうか。出店エリアも異なるので。

「GORILLA COFFEE(ゴリラ コーヒー)」渋谷店。エソラ池袋にも出店している

[画像のクリックで拡大表示]

――クチュームは表参道だが、ゴリラ コーヒーはローステッド コーヒー ラボラトリーとかなり近い(400メートル以内)エリアにある。

野田: コーヒーを飲みたいとき、数100メートル離れていたらわざわざ別の店舗まで行かないのではないでしょうか。さらにセレクトショップの感覚でいうと「同じ店舗にいろんなブランドのダウンが置いてあってもいい」と思っています。

――しかし、複数の業態を持つことで、オペレーションが煩雑になるのではないか。

野田: たしかに効率は良くないですね。今後は、効率化できるところと個性をどう切り分け、どのようにコストを絞っていくのかが事業拡大のカギになるでしょう。





コメントを残す