チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。 – Pen-Online

Home » 渋谷 » チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。 – Pen-Online
渋谷 コメントはまだありません
チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。

「グロウン&ソーン」デザイナーのロブ・マグネス。

自らデザインしたパンツに囲まれ満足げなのは、アメリカ人ファッションデザイナーのロブ・マグネス(Rob Magness)。彼のブランド「グロウン&ソーン(grown&sewn)」がずらりと揃う特別なショップが、「シップス 渋谷店」、「シップス 銀座店」の中に誕生しました。オープンを記念して来日したロブとともに、パンツに特化したこのブランドに込められたアイディアの数々を見て行きましょう。

最大の個性は「ジーンズのディテールをもつチノパン」であること。主たる特徴はヒップポケットにあります。チノパンらしい内袋タイプながら、ジーンズのパッチポケットのようなステッチワークが施されています。

「ブランドコンセプトは、チノパンとジーンズの融合です。ここにオリジナリティがあります。上質な素材を用いたプレミアムなチノパンなのですが、ジーンズと同じように気軽に穿くことができます。グロウン&ソーンは、デイリーに愛用できる究極のオールマイティなパンツなのです」

そう語るロブは、「ラルフ・ローレン」でデザイン部門のシニアディレクターを務めた経験もある人物。理想のパンツを求めて2010年に自身のブランド、「グロウン&ソーン」を立ち上げました。ニューヨークのトライベッカに直営店を構え、世界中から訪れる客を魅了しています。
「デザインのインスピレーションは、アメリカン・ヘリテージ。商品の製造もアメリカ国内で行なっています。上質な製品をつくるには、密なコミュニケーションが取れる環境が欠かせません」

(次ページに続く)

チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。

「シップス 渋谷店」内のショップ・イン・ショップ。

チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。

パンツ以外にシャツ(¥28,080)なども展開。

チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。

ヒップポケットのデザインやステッチワーク、レザーパッチはジーンズをイメージしたもの。パンツ ¥23,760

チノパンなのにディテールはジーンズ! 米国パンツブランド「グロウン&ソーン」の特別ショップが銀座と渋谷の「シップス」内に誕生。

上のパンツのフロントボタンは、クラシックジーンズのようなドーナツボタン仕様。

コメントを残す