嵐より慶應ブランド?櫻井翔の結婚を加速させる”学歴至上主義” – デイリーニュースオンライン

Home » 青山 » 嵐より慶應ブランド?櫻井翔の結婚を加速させる”学歴至上主義” – デイリーニュースオンライン
青山 コメントはまだありません
Photo by Kim Seonhong(写真はイメージです)
Photo by Kim Seonhong(写真はイメージです)

 芸能ニュースを席巻した嵐・櫻井翔(35)とテレビ朝日アナウンサーの小川彩佳(32)の熱愛。周囲の反応も上々の模様だ。発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)は、『週刊ポスト』(小学館)がHPで初報を打った当日の2月25日、小川彩佳が生特番出演のために出社した際の様子を報道。局員からイジられつつも、小川彩佳は肯定も否定もせず、はにかんだ笑顔で対応し、関係の深さをうかがわせたようだ。

「小川の誕生日には高級ホテルで祝ったり、仕事を終えた小川を車で迎えたりと、櫻井の真剣さが感じられます。櫻井は日テレ系の『NEWS ZERO』のキャスターで、小川が担当する『報道ステーション』とは裏番組のライバル関係にあるわけですが、そのようなテレビ局としての事情は関係なく、テレ朝社内は大物ジャニーズタレントとの交際を応援するムードです」(テレビ朝日関係者)

 櫻井はその人気度の高さに比べ、これまでは熱愛ネタで騒がせた例に乏しい。過去に元AV女優がジャニーズタレントとの赤裸々な肉体関係を告白した際も、「桜井翔以外の嵐のメンバーとは全員」などと打ち明けており、櫻井のみ難を逃れたという逸話さえあるほどだ。

 これまで浮いた話とは無縁だった櫻井が小川にはまりこむのはなぜか。芸能誌記者は次のように語る。




■「嵐よりも慶応」小川の父も慶応医師

「櫻井は幼稚舎からの慶応ボーイで、父親は総務官僚というエリート一家で育ちました。元スタッフの告白本で『俺は嵐でいることよりも、慶應生でいることのほうが誇りだ』との過去の発言が暴露されたことも。学歴至上主義的な傾向がある彼にとって、小川は恋人として十分な条件を備えていると言えるでしょう」

 小川は幼少期をアメリカで過ごした後に青山学院大を卒業。テレ朝入局後は報道番組を担当し続けてきた。ドナルド・トランプ米大統領(70)の就任時は現地でリポートするなど知性派の印象が強い。また、父親は慶応大医学部の教授で慶応病院の診療部長を務め、弟も医学部に在学中というサラブレッド一家だ。

「ジャニーズタレントながらニュースキャスターを務めるなどのインテリキャラで、櫻井は人気を博しました。キャラクター性を守るためにも、交際相手に毛並みの良さを求めるのでしょう。その意味で、小川ほどの女性はそうはいないはず。年齢的にも、結婚はじゅうぶんあり得る話です」(芸能誌記者)

 メンバーの松本潤(33)は、二股愛が発覚したばかり。SMAPに代わるジャニーズの顔になるために、櫻井は嵐の看板と小川を守る責務があると言えそうだ。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)
※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

コメントを残す