大人こそ着るべき春ピンクの着こなし&選び方

Home » ファッション » 大人こそ着るべき春ピンクの着こなし&選び方
ファッション コメントはまだありません

色のトーンやアイテムの選び方で似合うピンクを見つけよう

甘いだけじゃない!今年はいろんな雰囲気のピンクが豊富

甘いだけじゃない!今年はいろんな雰囲気のピンクが豊富

この春一番目立っているトレンドカラーと言えば、断然ピンク。小物から洋服まで、今年はピンクアイテムがとにかく豊富です。「好きだったけど若い子向けのような気がして、最近着ていない」、「いかにも女子っぽい感じが苦手なので普段は選ばない」という方も大丈夫! 顔周りを明るく、雰囲気も優しくフレッシュに見せてくれるピンクは、むしろ大人こそ積極的に取り入れたいNo.1カラー。色のトーンやアイテムの選び方次第で、必ず似合うピンクは存在します! 次から詳しくお伝えしていきます。

淡いピンクベージュのとろみシャツは万能

一番取り入れやすいアイテムと言えばトップス。さらにカットソーやニットだとカジュアル感が強くなるので、シャツなら万能に使えて優秀です。ピンクベージュの持つ柔らかさを活かしてくれるとろみ素材の物は特にオススメ。

上半身に持ってくる場合、まずは淡いピンクベージュを。顔がぱっと明るく見え、着る人を選ばない万能カラーです。グレーがかっていたりベージュが強すぎると、顔色が悪く見える、または肌が黄色っぽくくすんで見えるので、鏡で合わせてみたときの印象を大事にしてください。

シルク100%のとろみ素材を使用したオーバーサイズシャツ

シルク100%のとろみ素材を使用したオーバーサイズシャツ

とろみ素材のシャツは一枚でもサマになるので使える

とろみ素材のシャツは一枚でもサマになるので使える

オーバーサイズシャツの場合はスリムなボトムスが相性抜群。シンプルなパンツを合わせるだけでサマになるので、コーディネートに悩まなくて済むのが良い所。ヨーロッパの女性の着こなしを参考に、シャツの持つエフォートレスな雰囲気を楽しんで下さいね。



 

 

サーモンピンクのパンツはキレイめデザインをチョイス

オレンジが少し入ったような明るいサーモンピンク、コーラルピンク系は日本人の肌にも相性が良いとコスメでも人気のカラーです。ただ色が強い分、トップスだとオフィスでは少々派手に見えるので、大人の女性がキレイめに着るなら顔から遠いパンツがオススメです。

センタライン

センターライン入りパンツなどカジュアルになりすぎないデザインは買い

カジュアルなパンツも可愛いですが、休日っぽいイメージになってしまうので、センタープレス入りなどかっちりしたデザインがいいでしょう。ピンクの華やかさと堅めなデザインの組み合わせが大人の女性にぴったり。はつらつとした雰囲気の装いが楽しめます。

サーモンピンクはモノトーンなど混じり気のない色を合わせて着るとスッキリ見えます

サーモンピンクはモノトーンなど混じり気のない色を合わせて着るとスッキリ見えます

サーモン系、コーラル系はピンクの中でも温かみのある色なので、組み合わせによっては膨張して見えることも……。クリーンなホワイトやブラックなど、シンプルにモノトーンを合わせる方がピンク自体も映えて見えるのでオススメです。

今季の大本命カラー  くすみピンクのワンピース

一大トレンドになっている「くすみピンク」は明るいピンクでは無く、少しトーンダウンした落ち着いた色合いを指します。甘くなく取り入れられ、グレーやデニム、ブラックなど他のカラーとの相性が良いので、特にワイドパンツやワンピースなど面積の大きなアイテムも多く出ています。

フレアではないIラインシルエット&袖が長めのデザインはコンサバになりすぎずシャープな印象に

フレアではないIラインシルエット&袖が長めのデザインはコンサバになりすぎずシャープな印象に

ピンクのワンピースというとそれだけで結婚式やおめかし着のようなオケージョン感があるので、盛った感じではなく、いかにサラッと体に馴染むようなアイテムを選ぶのかが大事。ポイントとしては「シルエット」と「袖丈の長さ」。フレアではなくIラインのシンプルなデザインがスマートに見えるので、一番使えます。

この春大本命のくすみピンクなら面積の大きいワンピースでも甘すぎないのでオススメ

この春大本命のくすみピンクなら面積の大きいワンピースでも甘すぎないのでオススメ

肘まで袖があるデザインはクラシックできれいめな印象に仕上がります。袖が短ければ短いほどカジュアルになり若いイメージになるので、袖丈の長さは意外に重要。しかし一般的には袖が短く作られているワンピースが多いので、もし袖が長めのものを見つけたらまずは試着してみて下さい。適度な上品さに驚くはず。

クレープ地など表情のある生地を使用したアイテムはのっぺりした印象にならないのが嬉しい

クレープ地など表情のある生地を使用したアイテムはのっぺりした印象にならないのが嬉しい

また、光沢のあるつるっとした素材よりも、クレープ地やツイードのように生地自体に表情があるものがオススメ。体のラインも出にくく、ピンクを落ち着いた印象に見せてくれます。

 

ピンクはそれ自体が華やかな色なので、甘さとのバランスを取るため辛口のデザインを選ぶとすんなりまとまります。着るだけで気分があがるピンクを是非取り入れてみて下さいね!

コメントを残す