SHIBUYA109が春の改装 15区画、買い回り動線にも考慮 – シブヤ経済新聞

Home » 渋谷 » SHIBUYA109が春の改装 15区画、買い回り動線にも考慮 – シブヤ経済新聞
渋谷 コメントはまだありません

 SHIBUYA109(渋谷区道玄坂2)が現在、春の改装を進めている。実施区画は新規出店4店舗、ポップアップショップ1店舗、リニューアル10店舗の計15店舗。

 新規出店する4店舗は以下の通り。2階に、リップ(500円~1,500円)、アイメーク(300円~2,500円)などを取り扱う韓国発メーキャップブランド「ETUDE HOUSE(エチュードハウス)」が、5階には神戸レザークロス(神戸市)のシューズブランド「銀の沓(くつ)」がそれぞれ出店。同店は、16歳~22歳をターゲットに、「スポーティーな要素」を取り入れたスニーカー(3,900円~6,900円)や厚底のシューズ(サンダル4,900円~9,800円、パンプス4,900円~1万1,000円ほか)をそろえる。

 7階には、共に1号店となるダークガーリーがテーマのレディスウエア「Last Virgin(ラストヴァージン)」と韓国のアイテムやオリジナル雑貨などを扱うセレクトショップ「KOL ME BABY(コルミーベイビー)」を出店し、インキュベーション機能を持ち「最先端のトレンドを発信する」フロアをつくる。ラストヴァージンのターゲットは18歳~25歳で、商品価格はボトムス・ワンピース=9,000円~1万1,000円、アクセサリー=1,000円~4,000円など。コルミーベイビーは10代後半~20代前半に向け、アパレル(1,900円~9,800円)やバッグ(1,900円~6,900円)、ハット(1,500円~2,900円)などを提案する。

 7階~5階にかけては「より買い回りがしやすい動線」を意識。6階には、お笑い芸人・渡辺直美さんがプロデュースするファッションブランド「PUNYUS」、ガーリーなテイストの「LIZ LISA」など、ブランドの特徴が際立っているブランドを集積。5階にはカジュアルブランド「SPIRALGIRL」など、昨年から引き続き「好感度な女性」をターゲットにしたブランドをオープン・リニューアルする。

 同階には、インスタグラマーがセレクトした洋服を扱う「#girl(ハッシュがール)」のポップアップショップも出店を予定する。取扱商品は、アウター(7,900円~)やトップス(3,990円~)、ボトムス (4,990円~、価格は全て税別)ほか。

 営業時間は10時~21時。

コメントを残す