シャープ、PC事業に再参入か? – エキサイトニュース

Home » 撤退 » シャープ、PC事業に再参入か? – エキサイトニュース
撤退 コメントはまだありません

 シャープが自社ブランドによるNAS(Network Attached Storage)製品の国内販売を検討していることを明らかにした。親会社である鴻海精密工業(ホンハイ)が開発、生産しているNASを、シャープブランドの製品として国内投入する予定だ。

 2017年夏には、5年ぶりにプロジェクター市場に再参入する計画を発表しているが、これもホンハイとの共同開発によるものだ。今後は、ホンハイが開発、生産しているサーバやPCなどの取り扱いも検討する。シャープは、2010年にPCの生産から撤退しており、シャープブランドのPC復活の可能性も出てきそうだ。

●第1弾製品は「超短焦点プロジェクター」

 ホンハイのNASの取り扱いを検討しているのは、複写機やPOS、デジタルサイネージなどを取り扱うビジネスソリューション事業部。2016年10月に大阪で行われた同事業の方針説明会では、ビジネスソリューション事業を統括するシャープ ビジネスソリューション事業本部長の中山藤一専務が、「ホンハイはネットワーク機器やリテール機器において、さまざまな商材を持っており、サーバ製品も幅広く取り揃えている。今後は、こうした製品を仕入れた展開も可能であり、品質保証やサポート体制を整えることで、シャープブランドで展開できる」と述べていた。

 同じく昨年秋に開催されたIT技術の国際展示会「CEATEC JAPAN 2016」のシャープブースでは、ホンハイが製品化しているセンサー製品を数多く展示。

コメントを残す