優しくて使えるものを。日本でも手に入る、アメリカ生まれのベビーブランド3選 – MYLOHAS (登録)

Home » 百貨店 » 優しくて使えるものを。日本でも手に入る、アメリカ生まれのベビーブランド3選 – MYLOHAS (登録)
百貨店 コメントはまだありません



赤ちゃん誕生の嬉しい知らせを聞いて、お祝いの気持ちを届けたい! でもギフト選びは、ときに悩ましくもあります。なるべくなら、赤ちゃんにとってもママにとっても、優しく使える物を贈りたいもの。

そこで今回は、「オーガニック」や「ナチュラル」をキーワードとした、アメリカで人気のベビーブランドをご紹介。日本でも入手可能なブランド3つをピックアップしました。

Modern Burlap(モダンバーラップ)

20170307_baby1.jpg

モダンバーラップ」は男の子2人のママでもある、オーナーのサマンサが「赤ちゃんのための最高のおくるみを作る」と立ち上げたオーガニックコットンのブランドです。ベビーアイテムには珍しいモノトーンのデザインがおしゃれなママたちの間で大人気!

20170307_baby2.jpgモダンバーラップのInstagramは、おくるみに包まれた赤ちゃんの写真でいっぱい。創業からわずか2年ほどしか経っていないにも関わらず、ファンは世界中で急増しているのだそうです。

また、モノトーンを採用している理由は、おしゃれなデザインを追求しただけでなく、赤ちゃんの未熟な視力を向上させ、脳を活性化することを目的としています。100%オーガニックコットンで、さらに知育の面でも考慮されているアイテムとあって、贈り物にも最適です。

The Honest Company(ザ・オネストカンパニー)

20170307_baby3.jpg

ザ・オネストカンパニー」は、女優のジェシカ・アルバがビジネスパートナーと立ち上げたベビーブランド。赤ちゃんにとって安全な天然成分を中心に、「美しくて健康に良い」をコンセプトとして商品開発を行っています。おむつ、シャンプー、ボディウォッシュ、ローションなどのベビーケア商品だけでなく、キッチン、洗濯、掃除といった生活用品までそろいます。

2012年に創業して以来、爆発的に成長しているザ・オネストカンパニー。人気の理由は、安全性もさることながら、そのパッケージデザインにあります。カラフルな柄のオムツはダイパーケーキ用としても定番で、ベビーシャワーではたびたび目にするアイテムです。

ザ・オネストカンパニーの数ある商品の中でも、わたしがお気に入りなのは、たっぷり入った保湿クリーム! 息子の肌に塗りながら、ついでに自分の肌にも塗っています。

Bebe Au Lait(ベベオレ)

20170307_baby6.jpg

カリフォルニア州発の「べべオレ」。アメリカのみならず、日本を含めた60カ国以上の百貨店やベビー専門ショップで取り扱いがある、人気の授乳用品ブランドです。

おすすめは機能性とデザイン性に優れた授乳ケープ首の部分がワイヤーになっていて引っかけやすいのが特です。また首回りに絶妙なスペースがあるので、外から見られることなく、赤ちゃんの顔を眺めながら授乳ができます。素材にはオーガニックコットンや、最高級の織物と言われているムスリンコットンを使用。

ブランドを創業したのは、元サッカー選手として活躍したロニーとその妻クレア。夫の試合観戦中に使用する授乳ケープを探していたところ、気にいるものがなかったために、機能性とデザイン性を考えて、自ら発案したのがベベオレでした。派手すぎず地味すぎずな、洗練されたデザインが多くの女性に好まれています。

どれも、毎日の育児をほんの少し彩ってくれる素敵なアイテムばかり。今回ご紹介した3ブランドのアイテムは、日本ではオンラインショップ、一部は百貨店で手に入れることができます

[Modern Burlap, The Honest Company, BEBE AU LAIT JAPAN]

優しくて使えるものを。日本でも手に入る、アメリカ生まれのベビーブランド3選

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。





コメントを残す