女性があまり選ばない男が欲しいプレゼント

Home » ファッション » 女性があまり選ばない男が欲しいプレゼント
ファッション コメントはまだありません



欲しいモノ、貰いたいモノ、あげたいモノ

「奥さんから貰うと嬉しいプレゼントを考える」というガイド記事で、男性側の貰いたいプレゼントとはどんなものかを考えてみました。実際、相手が喜ぶプレゼントというのは難しいものです。それは、欲しいモノ、貰いたいモノ、あげたいモノが、それぞれ微妙に違っているからです。

例えば、日常使う筆記具は、欲しいけど自分で買わないと細かい部分で満足出来ないモノですし、本やCDなどは、あげたい気持ちが強くなりがちで、実際にもらってもピンと来ないケースが多いものです。では、貰いたいモノとは何でしょう。今回は、男性目線から、貰うと嬉しいモノとはどんなものかを、具体的な商品を挙げながら考えてみようと思います。


遊び心といぶし銀の魅力

五十音のボールペンカバー「ポワゼ」

五十音「ポワゼ」3万円(税込)

この銀のスティックは、BICのラウンドスティックというボールペン専用のカバーです。とても優秀なボールペンだとはいえ、オフィスデポで買うと一本あたり40円以下のラウンドスティックを、純銀のケースが包みます。ずっしりと手に重みが感じられるのですが、書くと、何とも手に馴染みます。手で一つ一つ叩いて作られている銀の筒は、お茶道具を作る方の手によるものです。だから、磨いたりせず、黒ずんでいく姿を楽しみながら使います。いぶし銀と言いますが、正にそのいぶし銀の軸になっていくのです。

あえて磨かず、黒くなるのを味わう

面白い事に、この「ポワゼ」を色んな人に見せると、男性のほとんどは、「欲しいっ」と言います。「カッコいい」と言います。女性の多くは、「だから?」と言います。「分からない」と言います。それは、もしかしたら銀が光っていないからかも知れません。輝きが無い銀に対して、3万円は高すぎるのかも知れません。でも、この黒ずんだ鈍い光は、何故か男性を引きつけます。まっすぐでない、ちょっとだけ凸凹したそのフォルムに惹かれます。「道具」であり「アート」である、それこそ茶道具の名品のような、そんな魅力に弱い男性は意外に多いのです。一方で、その「道具」であるからこそ、価格が信じられず、「アート」であるには輝きが鈍い故に魅力が感じられないというのは女性に多いようです(もちろん例外はいくらでもいますが)。

五十音「筆箱」1万5000円(税込)に色々詰め込んで

銀座の小さな文具屋「五十音」さんには、ポワゼの他に、ちょっと変わったPVC(ポリ塩化ビニル)作家の方の手による筆箱もあります。これが、「ポワゼ」を収納するのに最適な箱であり、細かく分けられた仕切り箱が、男心をくすぐる名作です。半透明で不思議な味わいがあるボディの質感は、まるで石を切り出したようにも思えます。これもまた、「道具」であることが、そのまま「アート」にもなった、そんな箱で、だからなのか、女性にあまり人気がありません。ただ、男性の「もらったら嬉しいモノ」というのは、こういう、ちょっと買いにくい価格だけど、とても心そそるモノなのだと思うのです。


筆記具ならデザインを揃えたセットにして

ラミー「サファリ」とSIWA・紙和「眼鏡ケース」のセット

アシストオン
「SIWA ++ LAMY Safari スペシャル・ギフトセット」
1万500円(限定50セットのみ)

筆記具をプレゼントしたいなら、男が意外に見落としがちな方向から攻めるのも手です。例えば、万年筆、ボールペン、シャープペンシルをデザインを揃えたセットにして渡すとか。これは、ガイド納富がよく行くアシストオンさんで作られていたセットなのですが、クリスマスに合わせて、ラミー「サファリ」の万年筆、ボールペン、シャープペンの赤をセットにして、同じく紙和の眼鏡ケースの赤に入れ、それにシャープペンの芯と万年筆の替えインクまで付けたもの。芯やインクもちゃんとケースに収まるのがポイントです。

三本のサファリ(万年筆、ボールペン、シャープペン)が入った紙和のケース。

元々、ラミーの「サファリ」は赤がカッコいいので、クリスマスが過ぎて使っても大丈夫ですし、紙和の眼鏡ケースは、ペンケースや携帯電話ケースとしても使える優れ物。それぞれが単体でもプレゼント出来るものがセットになっているという嬉しさもあります。また、意外に筆記具にこだわる人ほど、一本づつ購入するせいか、同じ色の揃いは持っていなかったりします。また、本来セットでは売っていないものをセットで貰うと、手間をかけてもらった気がして、とても嬉しいものです。

こういうセットは、プレゼントのアイディアとして結構使えると思います。このサファリのセットにしても、赤ではなく、あげたい相手の好きな色に変えたり、紙和の眼鏡ケースの色を他のものにしたり。さらには、サファリではなく、同じくラミーの「noto」の色違いセットとか、ペンケースを革のケースにしてみるとか、アイディアや贈る相手次第で様々なバリエーションを考えることが出来ます。この「考えた跡」が伝わるプレゼントは、もらうととても嬉しいモノです。基本的には定番を選びつつのプラスアルファとして、こういうセットモノはとても効果的だと思うのです。



次のページでは、筆記具のようなキーボードと、疲れがとれるマクラを紹介します



コメントを残す