永井豪の作家活動50周年を記念 永井豪作品を愛する100のクリエーター・メーカーが3月25日(土)~30日(木)まで西武池袋本店に集結 – SankeiBiz

Home » 池袋 » 永井豪の作家活動50周年を記念 永井豪作品を愛する100のクリエーター・メーカーが3月25日(土)~30日(木)まで西武池袋本店に集結 – SankeiBiz
池袋 コメントはまだありません

世界で活躍するトイ・クリエーターやファッションデザイナー(ブランド)、さらに工芸職人から現代美術作家まで永井豪をリスペクトするアーティストが、永井豪作品に自らの感性を融合したアートな商品を製作。また、現在も根強い人気を誇る株式会社バンダイの「超合金」から人気ホビーメーカー株式会社メディコム・トイのソフビ人形など、オフィシャルなグッズも出品され、総数500種類以上、約15,000点のスケールで展開いたします。さらに、新作超合金クリエーターカスタム作品、歴代人気ホビーの500体に及ぶ展示、50周年を記念した新作特報コーナーなど、見て楽しむコーナーも設置。コアファンから、ライトファンまで楽しめる永井豪ワールドが西武池袋本店に期間限定で登場いたします。

そごう・西武 特設サイトURL
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/kakutensublist/?article_seq=226990

・TOYS McCOY/TYPE A-2 MAZINGER Z“MAGIN GO!!”
https://www.atpress.ne.jp/releases/123723/img_123723_4.jpg
599,400円【限定2点】

・志水 堅二/SAKURA HURRICANE
https://www.atpress.ne.jp/releases/123723/img_123723_5.jpg
518,400円【限定1体】

・KONATSU/大王ネゴラ マジンガーVer.
https://www.atpress.ne.jp/releases/123723/img_123723_3.jpg
9,504円【限定70体】

・超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.
https://www.atpress.ne.jp/releases/123723/img_123723_2.jpg
14,040円【限定18点】

※本リリースの掲載画像はイメージ、価格はすべて税込価格です。
(C)ダイナミック企画 (C)ダイナミック企画・東映アニメーション

■開催概要
会期  :3月25日(土)~30日(木)
開場時間:午前10時~午後9時
     ※3月26日(日)は午後8時まで、最終日3月30日(木)は午後7時閉場
会場  :西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
入場料 :無料
主催  :株式会社そごう・西武
特別協力:ダイナミック企画株式会社
企画協力:株式会社バンダイ、株式会社メディコム・トイ、
     株式会社アニプレックス、東映アニメーション株式会社、
     株式会社徳間書店

■そごう・西武 特設サイトURL
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/kakutensublist/?article_seq=226990

【永井豪プロフィール】
1945年9月6日石川県輪島市生まれ。
幼少の頃よりマンガ・映画・落語・冒険小説に親しみ、石ノ森章太郎氏のアシスタントを経て、1967年『目明しポリ吉』でデビュー。翌年『ハレンチ学園』が連載開始となり、社会現象になると同時に大ブームとなった。代表作『デビルマン』『マジンガーZ』『バイオレンスジャック』『キューティーハニー』など多数。以後、幅広いジャンルの作品を発表し続けている。
1980年、『凄ノ王』で第4回講談社漫画賞を受賞。
2005年には大阪芸術大学キャラクター造形学科教授に就任。
2009年には出身地である石川県輪島市に永井豪記念館が開館した。
現在、「週刊漫画ゴラク」誌上にて『激マン!キューティーハニー編』、「ビッグコミック」誌上にて『デビルマンサーガ』を連載中。

https://www.atpress.ne.jp/releases/123723/img_123723_7.jpg
撮影:丸山尚(有限会社アーネスト)
(C)永井豪/ダイナミック企画

【マジンガーZ】
「マジンガーZ」は1972年に漫画家・永井豪によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画作品。登場型巨大ロボットの祖となる作品で、多彩な武器と圧倒的な強さを誇る「マジンガーZ」の迫力と存在感、主人公「兜甲児」をはじめとする個性的なキャラクターなど、永井豪の魅力がつまっている。連載当時、爆発的な人気を博し国内のみならずアジア、ヨーロッパ各地で多数のファンを獲得し、今もなお熱狂的なファンが多く存在する。

コメントを残す