渋谷からファッションの魅力を発信 「第7回 渋谷ファッションウイーク」3月16日開催 – アパレルウェブ取材ブログ

Home » 渋谷 » 渋谷からファッションの魅力を発信 「第7回 渋谷ファッションウイーク」3月16日開催 – アパレルウェブ取材ブログ
渋谷 コメントはまだありません

2014年秋に行われた渋谷ファッションウイークの模様

 東京・渋谷の商業施設や商店街が、ファッションを通じて東京・渋谷の魅力を伝えるキャンペーン「第7回 渋谷ファッションウイーク」(主催:渋谷ファッションウイーク実行委員会/実行委員長:渋谷道玄坂商店街振興組合理事長・大西賢治氏)が3月16〜26日、東京・渋谷エリアで開催される。

 参加施設は、109メンズ、cocoti SHIBUYA、SHIBUYA109、渋谷ヒカリエ、渋谷ヒカリエ SshinQs、渋谷マークシティ、渋谷マルイ、渋谷モディ、西武百貨店渋谷店、東急百貨店東横店、東急百貨店本店、ルミネマン渋谷の全12店舗。前回同様、「MADE IN SHIBUYA」をテーマに、“買う・見る・楽しむ”の3つの視点で渋谷ファッションを楽しめる施策を共同で企画した。

 メインイベントの「SHIBUYA RUNWAY」(24日)は、渋谷金王八幡宮の参道をランウェイに見立て行うファッションショー。坂部三樹郎と山縣良和がプロデュースする気鋭の若手デザイナーを集めたプロジェクト「東京ニューエイジ」からは、小山恵未、斎藤幸樹、シンディー・ティエン、廣瀬真輝、渡辺未来、石田萌、森田菜見子、後藤理子が参加し、最新コレクションを披露する。また、同キャンペーンに参加する商業施設のショップ店員らがモデルとしてランウェイを歩く「渋谷スタイル」も実施する。

 各施設では、キャンペーンと絡めた企画を実施する。東急百貨店本店では、映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」の公開に先立ち、「東京ニューエイジ」にも参加している斎藤幸樹、シンディー・ティエン、廣瀬真輝、後藤理子が、同映画にインスパイアを受け製作した作品を展示。フォトスポットや買い上げ特典を用意した。また、西武百貨店渋谷店では、「White×Creator」をテーマに、「AKIKOAOKI」(青木明子デザイナー)と「KEISUKEYOSHIDA」(吉田圭祐デザイナー)の2ブランドの2017春夏コレクションを展示する。

 また、イベント開催に先行し、スマートフォンアプリと店舗との連動企画を3日にスタートした。3〜26日の間に、「ニアリ」をダウンロードした人の5人に1人、また、キャンペーン期間中に全参加施設を回遊し、各施設の「ウォークインスポット」にウォークインした人に、好きな施設の商品券1,000円分をプレゼントする。

 渋谷ファッションウイークは、渋谷の街を世界に開かれた観光拠点にしていく“国際文化観光都市・渋谷”構想のもと、2014年3月に初開催した。以来、街全体を巻き込んだファッションショーや大型商業施設間の垣根を越えたキャンペーンを実施している。大西実行回委員長は、「今回のキャンペーンでは、ファッションショーをはじめとする新進気鋭のジャパンクリエイターによるコラボレーション企画に取り組むなど、皆様に渋谷ならではのファッションの魅力をお伝えします。「SHIBUYA RUNWAY」の開催が月末近くの金曜日ということもあり、「一足先のプレミアムフライデーはオシャレをして渋谷に繰り出そう」をテーマに実施する」とコメントしている。

■渋谷ファッションウイーク 公式サイト
http://www.shibuya-fw.com/

《第7回 渋谷ファッションウイーク 概要》
■期間:2017年3月16日(木)〜26日(日)
■場所:渋谷駅周辺エリア各商業施設ほか
■主催:渋谷ファッションウイーク実行委員会
■後援:渋谷区、東京商工会議所渋谷支部、一般財団法人渋谷区観光協会、渋谷区商店会連合会中央ブロック、大向地区町会連合会、氷川地区町会連合会、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
■協賛:東急グループ
■協力:経済産業省、金王八幡宮、パルコ、ipoca、東急文化村、ワタナベエンターテインメント、イッツ・コミュニケーションズ、アパレルウェブ、シブヤ経済新聞、渋谷のラジオ

コメントを残す