【市況】【↑】日経平均 大引け| 大幅続伸・昨年来高値、円安でリスク選好の買い強まる (3月10日) – 株探ニュース

Home » ブランド » ファーストリテイリング » 【市況】【↑】日経平均 大引け| 大幅続伸・昨年来高値、円安でリスク選好の買い強まる (3月10日) – 株探ニュース
ファーストリテイリング コメントはまだありません

市場ニュース

戻る

2017年03月10日16時52分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 大幅続伸・昨年来高値、円安でリスク選好の買い強まる (3月10日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  19444.71
高値  19623.72(14:59)
安値  19427.81(09:02)
大引け 19604.61(前日比 +286.03 、 +1.48% )

売買高  22億6716万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆9483億円 (東証1部概算)

—————————————————————–

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅続伸で昨年来高値を更新
 2.米長期金利上昇と円安を追い風に値上がり1500銘柄超
 3.メジャーSQ通過後で買い戻し加速
 4.輸出株が採算改善期待で買われ、銀行・保険株も高い
 5.SQ算出に絡み売買代金は3兆円近くまで膨らむ

■東京市場概況

 前週末の米国市場では、NYダウは2ドル高と4日ぶりに小反発。10日に発表される2月の雇用統計を見極めたいとの姿勢から、全般模様眺め気分が強かった。

 東京市場では、買い優勢で始まった後も上げ幅を広げる展開で、日経平均株価は終値ベースで年初の高値を上回り、昨年来高値を更新した。

 10日の東京市場はリスク選好ムードに包まれた。前日の米国株市場でNYダウが小幅ながら4日ぶりに反発をみせたほか、米長期金利上昇を背景に為替が1ドル=115円台前半で取引時間中も漸次円安方向に振れ、これが主力株をはじめ幅広い銘柄に買いを呼び込む原動力となった。朝方の株価指数先物・オプション3月物の特別清算指数(メジャーSQ)算出を通過して、一気に買い戻しが加速する格好となった。自動車など輸出株に円安メリットを期待した買いが向かったほか、米長期金利の上昇を受け、運用環境が追い風となる銀行や保険株などにも投機資金が流入している。東証1部の売買代金はメジャーSQに絡み3兆円近くにまで膨らんだ。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>が売買代金トップで上値追いとなったほか、トヨタ自動車<7203>も堅調。ソニー<6758>、ファナック<6954>が高く、ファーストリテイリング<9983>も買われた。星光PMC<4963>が物色人気となり、三井ハイテック<6966>も値を飛ばした。大塚ホールディングス<4578>、リクルートホールディングス<6098>なども上昇。T&Dホールディングス<8795>も買いを集めている。
 半面、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>が冴えず、NTTデータ<9613>も軟調。クミアイ化学工業<4996>が大幅安、東洋ゴム工業<5105>、サンデンホールディングス<6444>が値を下げ、井関農機<6310>も軟調。三井金属<5706>、三井海洋開発<6269>も売られた。
 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、東エレク <8035> 、京セラ <6971> 、大塚HD <4578> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約76円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はNTTデータ <9613> 、東ソー <4042> 、東邦鉛 <5707> 、三井金 <5706> 、住友商 <8053> 。押し下げ効果は約6円。うち4円はNTTデータ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち31業種が上昇し、下落は鉄鋼、海運業の2業種のみ。上昇率の大きかった上位5業種は(1)保険業、(2)証券商品先物、(3)空運業、(4)医薬品、(5)サービス業。一方、上昇率の小さかった5業種は(1)非鉄金属、(2)卸売業、(3)情報・通信業、(4)石油石炭製品、(5)建設業。

■個別材料株

△グッドコムA <3475> [JQ]
 上場記念配当10円を実施。
△リネットJ <3556> [東証M]
 大京グループと小型家電リサイクルの提携で基本合意。
△ザッパラス <3770>
 非開示だった今期経常は72%増益、2期ぶり5円で復配。
△ラクス <3923> [東証M]
 2月月次売上高は23%増で23ヵ月連続プラス。
△東京個別 <4745>
 17年2月期の新規入会者数は2ケタ増。
△アイビー <4918> [JQ]
 1→2の株式分割を実施。
△星光PMC <4963>
 「CNF配合樹脂ペレットを商業生産」との報道。
△ナ・デックス <7435> [JQ]
 5-1月期(3Q累計)経常が48%増益で着地。
△菱洋エレク <8068>
 今期最終は34%増益、20円増配へ。
△ARM <8769> [JQ]
 東証2部に市場変更。

▼クミアイ化 <4996>
 11-1月期(1Q)経常は21%減益。
▼ユニバーサル <6425> [JQ]
 550万株の株式売り出しを実施。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ザッパラス <3770> 、(2)星光PMC <4963> 、(3)ミライアル <4238> 、(4)シュッピン <3179> 、(5)菱洋エレク <8068> 、(6)東京個別 <4745> 、(7)エラン <6099> 、(8)Fスターズ <3687> 、(9)三井ハイテク <6966> 、(10)リケン <6462> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ハウスドゥ <3457> 、(2)クミアイ化 <4996> 、(3)アルファ <3434> 、(4)フィードワン <2060> 、(5)エムアップ <3661> 、(6)イハラケミ <4989> 、(7)日東網 <3524> 、(8)洋ゴム <5105> 、(9)ネクシィーズ <4346> 、(10)SBSHD <2384> 。

【大引け】

 日経平均は前日比286.03円(1.48%)高の1万9604.61円。TOPIXは前日比19.33(1.24%)高の1574.01。出来高は概算で22億6716万株。値上がり銘柄数は1563、値下がり銘柄数は341となった。日経ジャスダック平均は3064.23円(0.21円高)。

[2017年3月10日]

株探ニュース

【関連記事・情報】

コメントを残す