流行の4大ワイドパンツ、いったい違いは何なの?

Home » ファッション » 流行の4大ワイドパンツ、いったい違いは何なの?
ファッション コメントはまだありません

ガウチョ、スカーチョ、スカンツ、パラッツォの違いって?

ガウチョのブームは2015年ごろから始まりましたが、引き続き人気なのがワイドパンツです。

ワイドパンツと一口に言っても、ガウチョパンツスカーチョスカンツ、パラッツォパンツと種類が豊富。「それぞれの名前は知ってるけど、一体違いは何なの?」といった疑問を持たれている方に、今回は、今さら聞けないそれらの違いをお送りします。

ガウチョパンツ

GU

カジュアルなボーダートップスに、フレアシルエットのガウチョを合わせれば、大人っぽい印象に。 ガウチョパンツ 1490円(税抜)/GU(ジーユー)

ガウチョパンツとは、裾がゆったりと広がった、ひざ下丈から7分丈のワイドパンツ。

名前の由来は、南米の草原地帯の牧畜に従事しているカウボーイ(ガウチョ)がはいていたこと。

ゆったりとしてはきやすく、かつ動きやすいので、はいていてラクチンなのが嬉しい。幅広のパンツのため、ウエスト部分と対比されて、ウエストの細見え効果が期待できます。また、シルエットや足首の見せ方次第では、美脚や美尻効果が狙えます。年間を通して使えるアイテムなので、ワードローブに1枚あると、頼りになる存在です。

スカーチョ

WEAR

カーキのオフショルトップス×スカーチョのコーデは、大人っぽくてぜひ真似したい。 出典:WEAR

スカーチョとは、ガウチョパンツから派生したアイテムで、語源は、「スカート+ガウチョパンツ=スカーチョ」です。

ガウチョはひざ下丈から7分丈のパンツであるのに対して、スカーチョはひざ下丈から7分丈のスカート見えするパンツです。つまり、丈感はそこまで変わりませんが、フレアなシルエットやドレープ感により、スカートのように見え、ガウチョパンツよりもフェミニンな印象を与えることができます。

「裾がめくれるのが心配で、子供がいるとスカートをはけない」といったお悩みを抱えるママも、スカーチョなら安心です。また、BBQなどのアクティブなシーンでも使えるのも嬉しいですね。「動きやすいけど、フェミニンなおしゃれも楽しみたい」―そんな方にスカーチョはおすすめです。

スカンツ

WEAR

淡いグレーのVネックトップス×今季トレンドのペールピンクのスカンツコーデは、フェミニンかつ優しい印象で、オフィスにもぴったり。 出典:WEAR

一方、スカンツとは、一見スカート見えするワイドパンツのこと。「スカート+パンツ=スカンツ」といった流れで誕生した造語です。

前述のガウチョやスカーチョなどのボトムスとの大きな違いは、丈が長く裾が広くなっている点が挙げられます。フルレングスで肌の露出がほとんどないため、あまり脚を出したくない方やふくらはぎの形が気になる方にもおすすめです。背が高くてガウチョだと短く感じる方にもおすすめですし、身長が低い方もトップスをインしてハイウエストにし、裾までAラインに広がるボトムを活用すると、スラリと脚長効果が狙えますので、幅広い方にマッチすると言えます。

スカートのようなフェミニンコーデも、パンツとしてのカジュアルコーデも、合わせるアイテムによって幅広く楽めるのがスカンツの特徴です。

パラッツォパンツ

GU

カジュアルなデニム素材のパラッツォパンツは、トレンドのオフショルと合わせて、抜け感を作って。 パラッツォパンツ 1990円(税抜)/GU(ジーユー)

そして、この春夏の新星ボトムスとして注目されているのが、ガウチョともスカーチョともスカンツとも違う「パラッツォパンツ」です。

パラッツォパンツとは、比較的軽めな素材でできたワイドパンツです。裾の広がり的には、ガウチョ<スカーチョ<パラッツォパンツの順となり、スカーチョに似ていますが、ドレープ感や布の分量から本当にロングスカートに見えるようなデザインが多くなっています。語源は、イタリア語で宮殿の意味となります。

以上、ガウチョパンツ、スカーチョ、スカンツ、パラッツォパンツの違いをお伝えしました。これらワイドパンツの一番の利点は、はくだけで体型カバーをしてくれること。

トレンドのワイドパンツの選び方と着こなし方法は?

ワイドパンツを上手に着こなすには、まず、今季トレンドのハイウエストのタイプを選ぶことが重要です。

ウエストの細見え効果が期待できるうえ、お尻も小さく見せてくれます。

トップスには、Vネックやオフショル、抜き襟シャツなどの抜け感のあるものを選んだり、リブニットなどのフィット感のあるものもおすすめです。

肩肘の張らないエフォートレスな着こなしがトレンドから定番となった今、気になるワイドパンツを、この春のワードローブに招き入れてみてくださいね!

=====================

【取材協力】
GU(ジーユー)
WEAR(ウェア)

(以上、掲載順)

=====================

コメントを残す