「銀色の銀座線」01系がラストラン 車内が暗くならないようにした電車(1/4 … – 乗りものニュース

Home » 銀座 » 「銀色の銀座線」01系がラストラン 車内が暗くならないようにした電車(1/4 … – 乗りものニュース
銀座 コメントはまだありません

「銀色の銀座線」01系がラストラン 車内が暗くならないようにした電車(1/4) | 乗りものニュース









東京メトロ01系電車が2017年3月12日、「さよなら銀座線01系 メモリアルトレイン」として走行。銀座線から“銀色の電車”が去りました。この「メモリアルトレイン」乗車には「課題」があり、その「答え」が車内に掲示されています。


銀座線車内が暗くならないようにした「最新車両」

 2017年3月12日(日)、浅草~銀座~渋谷間を結ぶ東京メトロ銀座線を33年にわたって走り続けた“銀色の電車”が、同線から姿を消しました。

 この日午前、1983(昭和58)年にデビューした“銀色の電車”01系が、ラストランを実施。現在、銀座線の列車はすべて、2012(平成24)年に登場したレモンイエローの1000系電車による運行になっています。

上野検車区で「ラストラン」への出発を待つ01系。左が後継車両の1000系(2017年3月12日、恵 知仁撮影)。

 01系は、2017年3月10日(金)に通常の営業運転を終了。そして2日後のきょう12日(日)、「さよなら銀座線01系 メモリアルトレイン」として、抽選で招待された100名を乗せ上野検車区(東京都台東区)から中野車両基地(東京都中野区)まで走行。引退を迎えました。

 東京メトロ上野検車区の河野区長は01系について、「この車両がかつて最新型として入ったとき、走行中に車内の照明が消えることがなくなり、お客さまに喜んでいただけました」と、往時について話します。01系より前の銀座線車両では、電気を車両へ取り入れる方法上の理由から、付近で予備灯を残し車内照明が消えることがありました。そんな当時、“最新”だった01系がこのたび引退を迎えたことについて、河野区長は複雑な思いもあるといいます。

 なお、最後まで銀座線に残っていた01系は1991(平成3)年に製造された「01-130編成」で、今年2月24日(金)まで、熊本地震からの復興を支援する「くまモンラッピング電車」として銀座線を走っていた車両です。










この記事の写真一覧











関連記事

最新記事

“; $(_target).append(_result); } } if ( t>9 ){ return false } else if ( n==”/”||n.match(/\/[1-9]\//)||n==”/archive/”||n==”/column/”||n==”/hotnews/” ){ return true } else { if(_label===’iine’) { _result=’

  • ‘; } else { _result=’
  • “; } $(_target).append(_result); t++; } }); } }); });
    }





  • コメントを残す