布団の西川、寝室リフォーム開始 – リフォーム産業新聞

Home » 日本橋 » 布団の西川、寝室リフォーム開始 – リフォーム産業新聞
日本橋 コメントはまだありません

布団の西川、寝室リフォーム開始

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

パナソニックと「快眠」ショールーム開設

 寝具販売大手の東京西川(西川産業、東京都中央区)はパナソニック(大阪府門真市)と提携し、寝室リフォームを本格展開する。「快眠」できる空間を両社で提案していく。2月18日には東京・日本橋西川店にショールームを新設した。寝室を軸にリフォーム需要を創造する新たな取り組みだ。

西川産業 パナソニックとコラボした快眠ショールームパナソニックとコラボした快眠ショールーム

 今回、両社が提案していくリフォームは、単に寝具だけの提案ではなく、快眠を実現するための温度や照明、音響などまで踏み込んだ寝室空間リフォームとなる。

 具体的な提案イメージは日本橋西川店「睡眠環境サポートルーム」にて再現。ここではベッドが二組配置されており、自分の体形にあった枕やマットレスのフィッティングを受けることができる。これは西川の寝具ブランド「アンドフリー」という商品。空間では照明とエアコン、スピーカーにこだわった。これらはパナ専用アプリを使うと、就寝前に室温を下げ、照明を落とし、リラックスできる音楽をかけたりできる。また、就寝中は寝返りを計測し、温度を調整。さらに起床前には徐々に室温と照明を上げ、起きやすい状態に移行させる。

 その他アロマディフューザーなどのビューティー家電や映像を楽しめるプロジェクターも配置。さらに床、壁、天井を一新し、造作家具もつくり、質の高い寝室を実現している。これらのモデルルームは東京西川の睡眠科学研究所が監修した。

 この仕様の価格は寝具が計60万円相当。設備と床・壁・天井などの施工で約400万円となる。ターゲットは50代以上の富裕層。

 東京西川の藤ヶ森仁部長は「寝室を再現したスペースを設けるのはこれが初めて。寝具のご案内は長年行ってきたが、寝室空間そのもの提案は不十分だった。お客さまの反応も上々で手応えを感じている」と話す。

 パナソニックエコソリューションズ社、パナソニックリフォーム本部の国島一朋部長は「寝室を切り口に、家全体のトータルリフォームにつなげたい」と意気込む。

 パナソニック、東京西川ともに相互送客することで受注を伸ばす考え。

 今後は大阪、名古屋など大都市圏の西川店舗内に同様のショールームを設置していく予定。

東京西川の藤ヶ森仁部長とパナソニックエコソリューションズ社の国島一朋部長東京西川の藤ヶ森仁部長(右)とパナソニックエコソリューションズ社の国島一朋部長(左)

コメントを残す