Vネックのノーカラージャケット…首もとすっきり – 読売新聞

Home » 池袋 » Vネックのノーカラージャケット…首もとすっきり – 読売新聞
池袋 コメントはまだありません

 Vネックのノーカラージャケットが人気だ。従来の丸首に比べて、首もとがすっきりと見え、ブラウスやシャツなど中に着る服を選ばない。

 幅広い世代から支持を集めている。

 Vネックのノーカラージャケットは昨年から流行しはじめた。東武百貨店池袋店(東京)では、デザイン性のある商品を取りそろえる。

 婦人服ブランド「ロートレアモン」のツイード生地のジャケット(税抜き3万3000円)は、前身頃やポケットにフリンジ(房飾り)がついていて、華やかな印象だ。ネイビーとグレーの2色。Vネックの白いシャツと細身のジーンズに合わせれば、縦のラインが強調されてすっきりと見え、カジュアルな雰囲気になる。

 ブランド「組曲」のボーダー柄のジャケット(同2万6000円)は、通気性が良く、軽くて動きやすい。丸襟のブラウスとボリュームのあるスカートと合わせると改まった感じになる。

 「カーディガンのように気軽に羽織れるのに、きちんとした印象もある。普段でも仕事でもいろいろな場面で使えます。丸首のノーカラージャケットに比べて、中に着るものを選びません」と同店の婦人服部統括マネジャーの岡本大海ひろみさんは、人気の理由を説明する。

 例えば、襟付きのシャツと合わせた場合、丸首だと首もとがすっきりしない印象になるが、Vネックだとバランスがとりやすい。「リボンやレースが付いたシャツなど前身頃にデザインのある服とも合わせやすいですよ」と勧める。

 青山商事が展開するブランド「ザ・スーツカンパニー」では、洗濯機で洗えるタイプが人気を集めている。仕事で頻繁に使えるよう、機能性を重視する人が多いためという。

 首回りに切り込みが入ったタイプ(同1万6000円)は立体感が出るようなデザインだ。黒、ネイビー、ピンクベージュの3色ある。細身のパンツと合わせるときりっとした印象になる。光沢感のあるタイプ(同)は、柔らかい素材でできている。ピンクベージュのジャケットに薄いピンク色のロングスカートと合わせると、春らしい装いになる。

 いずれもストレッチが利いていて、シワになりにくいのが特徴だ。営業部の清水美加さんは「長時間の移動も楽で、出張の際にも使いやすい」と話す。

 テーラードジャケットは持っているから、2着目のジャケットとして欲しいという人も増えているという。清水さんは「襟がないため堅苦しくならず、フォーマルな印象の丸首タイプよりも活動的なイメージになりますよ」と話す。

コメントを残す