通販サイトでは偽ブランドに気をつけろ! ブランド業者が教える初心者の対処法 – livedoor

Home » 出店 » 通販サイトでは偽ブランドに気をつけろ! ブランド業者が教える初心者の対処法 – livedoor
出店 コメントはまだありません



 巷に溢れる偽ブランド商品。税関での輸入差し止め件数はここ2年はやや減少傾向にあるものの、10年連続で2万件を超えており、依然として高い水準にあることは間違いない。

 果たして、正規商品を販売している側はこれらをどう見ているのだろう? 某海外人気ブランドに務めるM氏に裏話を聞いた。

「海外ブランドの偽物が特に多い地域は東が原宿の竹下通り、西が大阪のアメリカ村です。前者はアフリカ系、後者はコリアン系のバイヤーが多いのが特徴。製造場所は90%以上が中国ですね」

 これらの地域で偽ブランド品を扱う店は、何度ガサ入れに遭っても、しばらくすると復活するという。M氏が立ち会ったガサ入れでは、店内と倉庫を合わせて数千点、価格にして1億円以上の偽物があったことも。

「ホームセンターなどにおいてあるブランド品にも偽物が多いですが、やはり近年、問題になっているのはスマホ系のオークションアプリ。偽の商品画像を使い回し、一発でわかるものもありますが、パッと見では素人が判断するのは難しいでしょう。ただ、拡大画像を見るとすぐに偽物だとわかります」

 また、「高額で取引されているから本物」と言いきれないのも、偽ブランド商品の難しいところだ。

「一目でわかる偽物もあれば、プロでも悩む偽物もあります。また、正規品でも並行輸入などで安く買う方法は存在しますからね」

 肝心のチェックポイントに関しては「偽造業者を助けることになるので、マスコミには言えません(苦笑)」とのこと。しかし、今回は特別に偽物を避ける初心者向けの対策を教えてもらった。

「まず通販ではサイト選びが重要です。『楽天』は偽物のリサーチにお金も人も割いている印象ですね。次に並行輸入の業者ですが、こちらは地域とお店の営業歴が鍵となります。横浜の元町など、昔から輸入品を扱っている地域の老舗は偽物も少ないです。ただ、あえてその近くに出店して偽物を扱う店もあるので注意してください」

 これらのポイントを押さえれば、多少なりとも偽物は避けられるはず! 最後に偽物を購入した際のリスクについて聞いた。

「粗悪な品を知らずに買ってしまい、すぐに壊れる。正規品であればメンテナンスにも対応しますが、正規ルートで買われたもの以外は一切対応しません。また、“非正規ルート”のものは素材がまるで違います。特に子供服の場合は、子供の肌に影響が出ることもあるので、よく考えてほしいですね」

※現在発売中の『週刊SPA!』3/14発売号では「[ヤバい商品]を実際に買ってみた」という特集を掲載中。

取材・文/週刊SPA!編集部





コメントを残す