ジョルジオ アルマーニ、多彩なテキスタイルの上で一層で輝くジュエルカラー【2017-18秋冬ウィメンズ】 – Fashion Headline

Home » ブランド » アルマーニ » ジョルジオ アルマーニ、多彩なテキスタイルの上で一層で輝くジュエルカラー【2017-18秋冬ウィメンズ】 – Fashion Headline
アルマーニ コメントはまだありません



2月27日、ミラノ・コレクション最終日にジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)が2017-18年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

ルック序盤はブラックやグレーといった落ち着いたトーンでシックな印象。ドレープが美しい艶やかなサテン地のロングスカートや、一枚布をかませたタイパンツ、フロントはプリーツスカート、バックスタイルはパンツといった斬新でボリュームのあるボトムスに目が引かれる。ジャケットは前下がりのカッティングや袖口にプリーツ地をあしらって立体感をもたせたものなど、ショート丈でコンパクトに仕上げた。

中盤以降ルックは色づきだし、アメジストパープル、エメラルドグリーンといったジェルカラーが輝く。あえて模様は控え、モヘアでラグジュアリーに、サテンやベルベットでエレガントにと、素材そのものの立体感や光沢感を際立たせるような試みがみられた。ここでもボトムスはロング丈でボリュームを持たせ、トップスはコンパクトにスタイリングされ、縦のIラインが強調される。メリハリを作って女性らしい曲線美を描き、パンツルックも洗練されたフェミニティーが香る。

装飾はビジューやスパンコールが担う。時にポップに時に詩的に、絵画のような繊細な美しさを放ち、最後のルックの総スパンコールのドレスは集大成となる圧巻の一着であった。





コメントを残す