クラフトビールのすべてを体感できる最新インタラクティブ動画を公開! – 産経ニュース

Home » リニューアル » クラフトビールのすべてを体感できる最新インタラクティブ動画を公開! – 産経ニュース
リニューアル コメントはまだありません



キリンビール株式会社
グランドキリンが、いま注目のアーティストcero(セロ)とコラボした完全オリジナルMV / スマホの技術を最大活用し、映像にタッチしながら楽しめる、新感覚のビアカルチャー体験を提供

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、個性がありながらも飲みやすく、日常で楽しめるクラフトビールブランド「グランドキリン」のリニューアルプロモーションとして、「クラフトビールの自由さと多様性」を表現し、映像に“さわって”クラフトビールをいろいろな角度から疑似体験できる新感覚のインタラクティブ・ミュージックビデオ『GRAND KIRIN 《FIND YOUR STYLE》』(https://grandkirin.com/findyourstyle/)を、3月27日(月)にWEB公開します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-112621-0.jpg ]

■約4分間の映像に隠された13種類の仕掛け
「グランドキリン」シリーズのリニューアル商品「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」と「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」の3月28日(火)発売を機に、グランドキリンのプロモーションのために制作した本動画は、個性豊かで多様なクラフトビールカルチャーを体験できる、これまでにない形の「インタラクティブ・”ビア”・ミュージックビデオ」です。

キリンビールではクラフトビールを「作り手の顔が見えて、そのこだわりを感じられ、味の違いや個性が楽しめるタイプのビール」と定義しています。今回の動画では、そうした“ビールの自由さ”を発見できる仕掛けを、スマホファーストの視点でふんだんに取り入れています。約4分間の映像に隠された仕掛けの数は全部で13種類。映像内に登場するアニメーションをタッチすると、スマホ独自の最新技術を応用したさまざまなクラフトビール体験を楽しむことができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-615357-1.jpg ]

たとえば、形によって味わいも変わる多種多様なグラスのラインナップをパノラマ写真で紹介するコンテンツをはじめ、JPLとIPA、それぞれに合う料理(フードペアリング)を、スワイプ機能を使って画面をスライドして見比べられるコンテンツなど、スマホでしか味わえない遊び心あふれる体験を通じて、クラフトビールの世界にどっぷり浸れる仕掛けを多数用意しました。なかでもオススメなのは、ドイツの名門グラスウェアブランドのシュピゲラウ社と共同開発した“IPLグラス”の秘密を解説するコンテンツ。スマホの傾きを検地するジャイロ機能を活用し、ユーザーがスマホを傾けると、画面上のビールもその動きに合わせて傾き、IPLグラスの様々な効果を疑似体験できるという仕掛けです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-827850-4.jpg ]

通常は見て楽しむことで完結する映像コンテンツでありながら、見るだけでなく、さわっても楽しめるという驚きの映像体験を通じて、ビールファンの方もそうでない方も、クラフトビールの遊び心とこだわりを発見できる内容に仕上がっています。

■注目のアーティストceroが新曲を書き下ろし
また今回のプロジェクトでコラボレーションしたのは、さまざまな情景や感情をポップミュージックに昇華させる注目のアーティストcero。彼らがグランドキリンのために書き下ろしてくれたのは、新曲『陸(おか)のうえの晩餐』。JPLとIPA、2つの味わいをイメージした2種類のアレンジ楽曲を制作し、それぞれに合わせた2タイプの映像をご用意しました。JPL編では「大切な人とのくつろいだ時間」・IPA編では「気心の知れた仲間との楽しい時間」をテーマに、グランドキリンとともに過ごす豊かなビール時間を描いた、クラフトビールの魅力が満載の映像を楽しむことができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-961917-9.jpg ]

なおceroが企業とのコラボレーションに参加するのは今回が初めてのこと。ジャンルを飛び越える彼らの自由さと音楽へのこだわりに当社が共感し、今回のコラボレーションが実現しました。ボーカルの高城さんが、過去に友人宅で集まってビールを飲んだ時の思い出をもとに作詞・作曲した新曲『陸のうえの晩餐』は、つい一緒に口ずさんでしまうキャッチーさと心地よさに溢れ、何度も繰り返し聴きたくなる楽曲。さらに映像の後半は、ceroメンバー自らがライブ出演したシークレットコンサートシーンとなっており、たっぷりと彼らの演奏を楽しめる内容となっています。2つのアレンジの聴こえ方の違いはもちろん、聴く時間やシーンによっても印象の違いを楽しむことができ、見てよし、聴いてよし、触ってよしの贅沢なコンテンツに仕上がっています。

「グランドキリン」シリーズは、個性がありながらも飲みやすく、日常で楽しめるクラフトビールとしてご好評をいただいております。また、今回のような動画コンテンツだけでなく、ビールの新しい魅力を体験できるセミナー「びあのわ」を全国で開催し、ビールの世界の奥深さと幅広さを伝えています。今後も、“ビールのある時間を楽しくする”当社のクラフトマンシップが生んだビールとして、お客様の支持拡大を図っていきます。

【 WEB動画『GRAND KIRIN 《FIND YOUR STYLE》』の概要 】
タイトル:GRAND KIRIN 《FIND YOUR STYLE》
公開日時:2017年3月27日(月)午前0時
WEBページ:https://grandkirin.com/findyourstyle/
YouTube動画URL:
◇JPL編 https://youtu.be/u6KC76vwGsc
[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=u6KC76vwGsc ]

◇IPA編 https://youtu.be/bJs_oDRP6bU
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=bJs_oDRP6bU ]

【 映像内に登場するコンテンツ例 】
◇FIND BEER GLASSES

[画像5: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-799396-2.jpg ]

◇FIND FOOD PAIRING WITH COURSE

[画像6: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-584306-3.jpg ]

◇FIND BEER RECIPE

[画像7: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-408377-5.jpg ]

◇FIND CRAFTMANSHIP

[画像8: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-873780-6.jpg ]

◇FIND playlist

[画像9: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-176942-7.jpg ]

【 カット画像(JPL編)】

[画像10: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-619850-8.jpg ]

【 楽曲『陸のうえの晩餐』について 】
タイトル:陸のうえの晩餐
作詞・作曲:高城晶平

【 ceroのコメント 】
-楽曲に込めた想いは?
高城:むかし友達の家に集まって、ビールを飲んでいたことがあったんですけど、実は僕自身そんなにたくさん飲める方ではなくて。でもみんなで飲むと楽しいなぁみたいな、そういう思い出を歌に混ぜ込んでみようと思って作りました。

-LIVEシーン撮影の感想は?
高城:このままお店がやれてしまいそうなほど、セットが作りこまれていたし、お客さんもたくさんいて、なんだか不思議な雰囲気でおもしろかったです。
荒内:cero3人だけじゃなく、サポートメンバー(5人)とも楽しく演奏できたのがよかったです。
橋本:毎回撮り終わる度に照明を微調整したりと、結構大変な作業を重ねているので仕上がりが楽しみだなぁと思いながらやっていました。

-特に聴いてほしいポイントは?
高城:今回はビールの味の違いに合わせて、一つの楽曲で二つアレンジを用意しました。めったにない作業なんですけど、短期間でオリジナル曲とリミックス曲を一緒に作る感じがとても新鮮で面白くて、僕たちのアレンジの練習にもなりました。同じ歌詞でも、聴こえ方が全然違うアレンジになったと思うので、是非その辺りを聴いてもらえると嬉しいです。

cero(セロ)
2004年結成。メンバーは高城晶平、荒内佑、橋本翼の3人。様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップミュージックへと昇華させる。2011年1月にリリースした1st album「WORLD RECORD」は各地で好評を博し、 現在もロングセールスを記録。2012年はFUJI ROCK FESTIVAL(2年連続!)、SWEET LOVE SHOWERなどの大型フェスへの出演、海外アーティストの来日サポートやクラブシーンでのライブなど、ジャンルレスに活動の場を広げ、 待望の2nd album「My Lost City」を2012年10月にリリース。 2012年を代表する1枚との呼び声も高く各地で大絶賛、大好評を呼んだ。2013年12月に1st single+DVD「Yellow Magus」をリリース。2014年12月に最新作となる2nd 両A面 Single「Orphans / 夜去」をリリースし、同年12月にEX-THEATER ROPPONGIでの2DAYSワンマンライブ「Wayang Paradise」も両日完売、大盛況にて終了。2015年5月に3rd album「Obscure Ride」発売。各所初回盤が即座に売り切れ、オリコンウィークリーで8位を記録し,各音楽誌の2015年ベストアルバムにも多数選出されている。ZEPP TOKYO公演を含む全国17箇所のツアーも各地大盛況、FUJIROCK’15 WHITE STAGEでのライブもベストアクトの呼び声多数! 2015年11月には初の中野サンプラザでのワンマン公演も成功させた。2016年、2月24日に映像作品“Obscures”~Live at ZEPP TOKYO & Obscure Ride Tour Document~のリリース、5月日比谷野音、7月大阪城野音と初の野外ワンマンライブ”Outdoors”も大盛況のうちに終了。2016年12月に3rd Single『街の報せ』と日比谷野音ワンマンライブを映像化した作品『Outdoors』を同時リリースし「MODERN STEPS TOUR」と題した全国10か所に及ぶツアーも大盛況のうちに終了した。2017年4月には2度目の日比谷野音ワンマンも決定している。今後のリリース、ライブが常に注目される音楽的快楽とストーリーテリングの巧みさを併せ持った、東京のバンドである。

【 参考:「グランドキリン」シリーズのリニューアルについて 】
キリンビールは、2012年の発売以降好評いただいている「グランドキリン」シリーズを、醸造家の遊び心とこだわり溢れるブランドとして、新たなビアスタイルを提案するラインアップに刷新します。「グランドキリン」の中味とパッケージをリニューアルした後継商品となる「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」と、フルーティな香りと上質な苦みを楽しめる「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」を3月28日(火)に通年で全国発売。さらに、4月18日(火)には「グランドキリン ひこうき雲と私」を数量限定で全国発売します。
[画像11: https://prtimes.jp/i/24982/1/resize/d24982-1-741299-10.jpg ]

●中味について

「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」
国内で栽培した大麦を自社で丁寧に製麦した「国産麦芽」を使用することで、豊かな味わいと余韻を楽しめます。ホップの個性を最大限に引き出す「ディップホップ」製法において、従来の「ヘルスブルッカーホップ」と希少な「ネルソンソーヴィンホップ」に加え、ひと手間かけた国産ホップ「IBUKI」(いぶき)を一部使用することで、フローラルな香りを引き出した、日本の感性が注ぎ込まれたJPL(ジャパン・ペールラガー)です。

「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」
ひと手間かけた希少ホップを漬け込むことで柑橘の爽やかさと甘いフルーツの香り、上質な苦みを引き出したIPA(インディア・ペールエール)です。

「グランドキリン ひこうき雲と私」
ホップとベルジャン酵母由来の香りが掛け合わさった、みずみずしいオレンジの果皮を思わせる、爽やかな味わいの無濾過ビールです。

●パッケージについて

「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」
醸造家の遊び心が感じられる切り絵風のロゴと、日本発のビアスタイルJPLを表現したデザインです。

「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」
醸造家の遊び心が感じられる切り絵風のロゴと、ホップの香り際立つビアスタイルIPAを表現したデザインです。

「グランドキリン ひこうき雲と私」
初夏の気持ち良い昼下がりをイメージしたデザインです。





コメントを残す