宝飾品メーカーTASAKIがMBO、海外でブランド強化の狙い – ZUU online

Home » 出店 » 宝飾品メーカーTASAKIがMBO、海外でブランド強化の狙い – ZUU online
出店 コメントはまだありません



神戸市に本社を持つ宝飾品メーカーTASAKIが投資ファンドの支援を受け、経営陣らによる自社株式の買い取り(MBO)を実施することを発表した。経営再建のための先行投資により一時的に収益の低下が見込まれるため、上場を廃止することで自由度を高める狙いがあるとみられる。

ブランドイメージの強化狙う

(画像=TASAKI Webサイトより)
(画像=TASAKI Webサイトより)

TASAKIは神戸に拠点を持つ宝飾品メーカー。一時は安価な中国産真珠に押されて業績が低下、2008年からは一時アジア系投資ファンド「MBKパートナーズ」の子会社となった。旗艦店の建て替えや米国人デザイナー起用、出店先の変更など店舗改革に取り組んだことで業績は回復、13年10月期に9期ぶりに最終黒字転換し、15年には子会社から脱却していた。

日経によれば、再建の鍵を握ったのはブランディングの強化にあった。これまでのホテル内中心の出店から、百貫店内の特選売り場や地方の一番店への出店へと戦略を変えた。改革は身を結び、16年10月期の国内売上高は165億円と6年前の90億円から大きく伸びた。「ファッション感度の高い若い人を取り込めるようになった」のが大きい。

この流れに乗り、TASAKIは2017年10月期の連結売上高で前期比4%増の231億円、純利益で同2%増の20億円を狙っている。しかし少子化に伴う婚礼市場の縮小などの影響を受けて、国内の宝飾品市場は大きな成長が見込みにくい。そのため同社では積極的な海外展開を進めていて、今月14日にも中国の成都に新店舗をオープンしたばかりだ。

その鍵を握っているのが欧米への店舗展開によるブランドイメージの強化だ。TASAKIでは16年6月にフランスの「リッツ パリ」に初の直営店を開業したのに続き、昨年12月にもロンドンに直営店舗をオープン。報道によると年内にもアメリカのニューヨークにも初の直営路面店の出店を予定している。こうした欧米への店舗展開を通じ富裕層層が指名買いするブランドを目指すのだという。

自由度高めリスクをとる

問題なのはこうした欧米一等地の高額な賃料と、出店のための費用にある。こうしたブランドイメージのための先行投資は世界各地への事業規模を広げる可能性がある一方で、収益を圧迫し、これに株価の下落が投資家らの不満を招く恐れがあるためだ。

この解決策として同社が選んだのがマネジメント・バイアウト(MBO)、すなわち経営陣らによる自社株の買い取りを行い、非上場化することでリスクの高い投資をするための自由度を高めると言う選択だった。

TASAKIはかつてのパートナーであったMBKと組んで、株式の公開買付け(TOB)に当たる。日経新聞によれば、期間は3月27にちから5月11日までの間で、1株あたりの買い付け額は2205円と、23日の終値である1550円を42%上回るプレミアムを付けての買い取りを予定しており、株式の所得額は315億円に及ぶという。株式を買い付けるのは株式会社スターダスト。加笠研一郎氏が代表で、今年3月6日に資本金5000円で設立された。Balance Signature Designated Activity Companyの100%子会社となっている。

伊グッチや伊フェンディなど高級ブランドを経て、社長となった田島寿一氏率いるTASAKIは、世界で戦えるブランドをどう築くのか、注目が集まる。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
地方移住ランキング! 昨年王者の山梨を破って首位に輝いたのは◯◯県?(外部)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
女性不動産投資家「金融機関40行の融資情報はお金を出しても聞きたい!」(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
「相続税対策」に「都心の中古1棟マンション投資」がいい理由(PR)



宝飾品メーカーTASAKIがMBO、海外でブランド強化の狙い

ZUU online の最新記事を
毎日お届けします



コメントを残す