美脚白パンツをプチプラで徹底比較!

Home » ファッション » 美脚白パンツをプチプラで徹底比較!
ファッション コメントはまだありません



デニム、ワイド、きれいめパンツの見え方をZARA、ユニクロで履き比べ検証!

比べてみると同じ白ボトムでもこんなに違う!

比べてみると同じ白ボトムでもこんなに違う!

春になると着たくなるのはやっぱり白! 中でもオススメなのはホワイトボトム。これ一本でいつものコーデをぐっと春夏らしく見せてくれて、コスパも高い優秀アイテムです。でも、「汚れそう」「足が太く見えそう」という心配からなかなか手が出ないという声も……。「汚れそう」という声には、昨今汚れても諦めがつくプチプラの物も数多く出ています!と言いたい。

膨張して見えるという心配はパンツの選び方でカバーできるので、仕上げたいイメージに合うパンツは必ず見つかります!

今回はZARAとユニクロからホワイトデニム、きれいめパンツ、カジュアルなワイドパンツの3点をピックアップ。実際に履き比べてみました。

左からカットオフデニム、きれいめのセンタープレス入りパンツ、カジュアルなコットン素材のワイドパンツ

左からカットオフデニム、きれいめのセンタープレス入りパンツ、カジュアルなコットン素材のワイドパンツ

履き比べの効果が分かりやすいようトップスとシューズは同じものを使用。ベーシックで名品と人気の無印ボーダーカットソーと、ヒールでごまかさないために黒のシンプルなフラットシューズをチョイスしました。では実際に検証していきます!

黒白ボーダーと黒のフラットシューズは持っていて損無し

黒白ボーダーと黒のフラットシューズは持っていて損無し

スリムデニムはオフホワイトな色味&カットオフが重要

真っ白なホワイトよりも黄味がかかったオフホワイトが◎

真っ白なホワイトよりも黄味がかかったオフホワイトが◎。ZARA 5,990円

定番ながら難易度が高いのがホワイトのスリムデニム。今季のZARAで見つけたアイテムです。足の形が丸わかりになってしまうと敬遠してしまう人もいそうですが、3つのポイントをおさえればスタイルよく見せることもできます!

1. 真っ白よりもオフホワイトを選ぶこと

ペンキのように真っ白だとその色味で膨張して見え、結果として下半身を目立たせることに。オフホワイトなら程よくトーンダウンしてくれるのでトップスとも馴染みが良く、下半身だけ浮いた印象になりにくいです。

2. カットオフなど今っぽいディテールが入ったものを選ぶこと
カットオフならではのギザギザしたラインが足とパンツの境界線を曖昧にしてくれるので、よりスタイルアップ効果が生まれます。このラインが普通のパンツのようにパキッと分かれていると”足はここまで!”ということをわざわざ主張することになりますので、特に今年は断然このタイプがオススメ。

膝や太もも、ヒップラインなど全方向からのチェックが必要

膝や太もも、ヒップラインなど全方向からのチェックが必要

3. なるべく肉感を拾わない物を選ぶこと
インナーが透けないという大前提を含め、生地の厚みも重要です。気にしている女性が多いヒップ周りや太ももなど、ラインを拾いすぎると丸みを帯びるため膨張して見えることも。ブランドの基準の型とご自身の体型との相性も大きく影響するので、一つ試しただけで諦めず、色んなブランドで試着してみて下さいね。

美脚効果ならセンタープレス入りきれいめパンツがナンバー1

オフィスでも着たい場合は迷わずセンタープレス入りがオススメ

オフィスでも着たい場合は迷わずセンタープレス入りがオススメ!5,990円

キレイめに、足をスラッと見せたいならセンタープレス入りパンツが一番! こちらも今季のZARAアイテム。付かず離れずのストレートラインで肉感も拾わず、センタープレスが山折りの縦ラインを作ってくれるので美脚度はナンバー1。ポリエステル混の素材のおかげで足のラインも拾わず、また シワになりにくくお手入れが楽なのも嬉しいポイントです。

シューズを馴染ませる足元の切り込みも重要

シューズを馴染ませる足元の切り込みも重要

ただしサイズがピッタリ合っていないと、センタープレスのラインそのものが歪んで美脚効果も半減するので注意が必要。また、キレイめな印象が強いのでカジュアルコーデ向けでは無く、幅広いテイストへの着回しが効かないというデメリットも。オンにもオフにも活用させたい、というよりお仕事や改まった場で着たい!と用途が決まっている方にオススメのパンツです。

ハリのあるコットン素材のワイドパンツは何にでも合う&洗えて便利

カゴバッグなどトレンド物も似合いそうなワイドパンツ

カゴバッグなどトレンド物も似合いそうなワイドパンツ

コットン素材のワイドパンツはデニムほどラフ過ぎず、センタープレス入りパンツほどカッチリし過ぎない、着回し度はナンバー1のパンツです(ユニクロで昨年発売。現在オンラインでは取り扱いなし)。3つのおすすめポイントをあげていきます。


1. 体型カバーがしやすいこと

ハリのある素材で肉感を拾わずラインが出にくいので、体型カバーしやすいこと。デニムの様に色味を気にする必要がなく、クリーンなホワイトの色味を存分に楽しめます。

横から見てもラインを拾わないので、太ももが気になる方にもぴったり

横から見てもラインを拾わないので、太ももが気になる方にもぴったり

2. 着こなしの幅広さ
写真のようなカジュアルなカットソーコーデや、夏のリゾートシックなコーデにも合いますし、ドレスコードが厳しくない職場なら、さっとアイロンをかけてニットやシャツを合わせてお仕事着にもいけそう。クリーンなホワイトがきちんとした印象に見せてくれ、ベージュ×白やライドグレー×白、といった上品なカラーコーデも楽しめます。


3. お手入れの簡単さ

コットン素材のため汚れても自宅で洗え、シワ感も味になるのでお手入れがとにかく楽なこと。暑くてデニムを履く気にならない夏でも肌触りが良い上にさっと洗えて、見た目も涼やかな印象に。ルーズになり過ぎずオシャレも楽しみたいママさんにもぴったりなカジュアルパンツです。

年中同じボトムでは、自分が思っているよりも人に”いつも同じパンツを履いている人”というイメージを与えがち。オシャレ度も上がりません。この春はイキイキと爽やかな印象に仕上げてくれる白ボトムに是非トライしてみましょう!





コメントを残す