シンガポールでDFSグループが「ワイン&スピリッツのマスターズ」 – シンガポール経済新聞

Home » イベント » シンガポールでDFSグループが「ワイン&スピリッツのマスターズ」 – シンガポール経済新聞
イベント コメントはまだありません



シンガポールのTras Streetで3月25日、「第6回 ワイン&スピリッツのマスターズ」が開催された。

 今年6年目となる同イベントは、50ブランドから60銘柄以上のコニャック、 ワイン、 ウイスキーのコレクションを用意。シンガポールのチャンギエアポートグループの協力の下で開催された。

 主催するトラベルリテーラーのDFSグループ会長兼最高経営責任者、フィリップ・シャウスさんは、「今年出品する銘柄は、 DFSが厳選したブランドのクラフツマンシップおよび当社が長きにわたり築いてきた信頼関係の証しとなっている。 世界一流の類いまれなワイン&スピリッツを再びシンガポールの地に集結させ、 愛好家の皆さまにコレクションを拡充していただける機会を提供できたことをうれしく思う」と話した。

 テイスティングセッションも行われ、ダルモアからはマスター・ブレンダーを務めるリチャード・パターソンさんが来場した。カミュのグローバル・ブランド・アンバサダーであるフレデリック・ドゥゾジエさんは、コニャック地区で最小のクリュであるボルドリーを紹介し、ボルドリー ヴィンテージや未発売のボルドリー限定ブレンドを含むユニークなテイスティングを行った。シャトー・マルゴーからはアジア地区アンバサダーであるティボー・ポンタリエさんが来場し、シャトーから数十年にわたる垂直試飲を実施して、その歴史を解説した。

 今回のイベントで用意されたコレクションは、チャンギ国際空港の第2・第3ターミナル内にある、DFSワイン&スピリッツ フラッグシップストアで今後展示販売される予定という。





コメントを残す