フジの「日曜9時ドラマ」 TBSに4作品連続の完敗で早すぎる撤退か … – livedoor

Home » 撤退 » フジの「日曜9時ドラマ」 TBSに4作品連続の完敗で早すぎる撤退か … – livedoor
撤退 コメントはまだありません



 またまたフジテレビに関する「打ち切り」情報が飛び込んできた。TBSの日曜劇場に対抗するべく鳴り物入りで始めた日曜夜9時台ドラマ枠の“店じまい”が、決定したというのだ。

 芦田愛菜(12)と朝ドラ女優のシャーロット・ケイト・フォックス(31)をダブル主演で起用した「OUR HOUSE」(16年4月期クール)から丸1年。来月23日スタートの観月ありさ(40)主演「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の放送終了をもって打ち止めとはあまりに早すぎる。

 まあ、たしかに今期の小雪(40)主演「大貧乏」は全話の平均視聴率が4%台という散々な結果ではあった。その前の「キャリア〜掟破りの警察署長〜」「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」にしたってすべて1ケタ台の視聴率。裏のTBSを打ち負かすどころか、計4作品オール完敗であった。

■「ドラマのTBS」に惨敗

 早々に見切りをつけ、7月期から何を始めるのかといえば「『Mr.サンデー』を1時間前倒しする」(フジ関係者)という。この改編が意図するものは至って簡単。「ドラマのTBS」を象徴する看板枠には惨敗したが、「4月から同時間帯にテレビ朝日が新設するニュース情報番組『サンデーステーション』には負けられないというフジの思惑が透けて見えます」(民放キー局関係者)。

 そんな視聴者置き去りの企画では、同局がキャッチフレーズに掲げる「フジテレbe with you」は上っ面だけといわれても仕方ないだろう。局内からもこんな失笑の声が聞こえてくる。

「社内公募で決めるキャッチフレーズですが、今年はやめることが決まっていました。それを亀山千広社長が大手広告代理店のブランドイメージ調査をもとにひっくり返して、自ら付けた。ある音楽プロデューサーが『押しつけがましい』と鋭い指摘をしていましたが、まさにその通りですよ」

 6月の株主総会で社長交代はやむなし、か。





コメントを残す