動画:元バレエダンサーのデザイナー、東京ファッションウィークにデビュー … – AFPBB News

Home » ブランド » Gap » 動画:元バレエダンサーのデザイナー、東京ファッションウィークにデビュー … – AFPBB News
Gap コメントはまだありません



【3月28日 AFP】元バレエダンサーのファッションデザイナー、幾左田千佳(Chika Kisada、36)が25日、東京ファッションウィーク(Tokyo Fashion Week)へのデビューを果たした。幾左田は作品で、バレエの美しさの裏に隠された苦痛を表現したという。

 幾左田は、レザージャケットとゴシックスタイルの黒いチュチュ風のスカートを組み合わせるなど、バレエとパンクを融合させた作品を発表。モデルたちは、トゥシューズの代わりに大きなリボンが付いたローファーを履いて登場した。

 少女が夢見るおとぎの国と危うい現実世界を融合させたようなボヘミアン風の2017年秋冬コレクションでは、バレエスタイルの袖なしドレスをニットやレザーのハーネスと組み合わせた。「眠れる森の美女(Sleeping Beauty)」などのクラシックバレエの演目でバレリーナが身に着けるティアラを真似たドラマチックな金色の仮面は、幾左田と以前から親交のあるバレエ衣装メーカーの協力を得て制作された。

 幾左田は、「物心ついた時から」夢見てきた一流のバレリーナになるため、何年もの間、厳しいレッスンを続け、数々の賞を受賞したが、道半ばにしてファッションデザイナーに転向。16年間「朝から晩まで」練習を続けた幾左田は、日本を代表するバレエ団の一つである牧阿佐美バレエ団(Asami Maki Ballet)にも所属したが、その後退団した。幾左田は、「しばらく何もしないでいたが、何か体を使って表現する職業はないかと思った時に、デザイナーとは似ている部分があるなと思った」とAFPに語った。

 幾左田は、10年前に最初のファッションブランドを立ち上げた一方、昨年には、自身の名を冠した2つ目のブランドで受賞を果たした。「バレエの優雅さ」と「パンクの力強さ」の組み合わせは奇妙と思われるかもしれないが、幾左田はそうではないことを証明しようとしている。 

 幾左田によれば、ステージ上の美しさだけがバレエではない。競争が激しく、厳しいことで知られるこの芸術の世界でダンサーたちが耐え忍ぶ苦痛や苦悩は、観客からは見えないと幾左田は指摘する。

「舞台裏でのギャップや挫折も味わったので(バレエに対して)“中指を立てたい”という思いもある。それをパンクという精神的な部分に落とし込んだ」とAFPに語り、「ただ綺麗なだけじゃないという思いを伝えたかった。例えばトウシューズを脱いだ後のグロデスクな傷や、舞台の上での笑顔の裏側の苦しい表情などのコントラストだ」と続けた。

 自立した女性のための服を作り、欧州市場に風穴を開けたいとの野望を抱く幾左田は、すでにカナダや中国、レバノン、ロシアに店舗を構えている。(c)AFP/Jennie MATTHEW





コメントを残す