ジャケットも春コートもVネックノーカラーが使える!

Home » ファッション » ジャケットも春コートもVネックノーカラーが使える!
ファッション コメントはまだありません



今季狙い目のノーカラージャケット

MA-1、トレンチコート、ライダースジャケットなどさまざまなアウターが店頭に並んでいますが、今狙うなら、断然Vネックのノーカラージャケットがおすすめ。

すっきりしたスタイリングに見えるノーカラージャケットは、大人っぽくて女性らしい印象のうえ、トレンドのワイドパンツやワンピーススタイルなど、どんなコーデとも合わせやすいのが嬉しい。ワンピの上に羽織って式典スーツとしても、セットアップや単品でオフィスでも、またデニム合わせも可能な汎用性の高さがポイントです。

では、なぜ今季ノーカラーが人気なのでしょうか? その理由として、昨今のカジュアル志向が挙げられます。

テーラードだとかっちりしすぎるところ、ノーカラーですとラフな印象で、カジュアルに着用できます。

また、テーラード襟のチェスターのブームが落ち着いてきた今、トレンドは反対のものに振れることが多いので、襟なしのノーカラーに注目が集まっているのでしょう。

ノーカラージャケットのおすすめコーデ例

WEAR

出典:WEAR

とろみ素材のペールピンクのトップス×ブラックのテーパードパンツのコーデに、クリーンな印象のVネックノーカラージャケットを羽織った、式典にぴったりのスタイリング。上品な雰囲気ながら、ノーカラーなので、こなれ感を出すことができます。

WEAR

出典:WEAR

今季注目が集まっているラベンダーピンクのノーカラージャケットと、同じカラーのテーパードパンツを合わせて、セットアップとして楽しんでいるコーデ。きちんと感を醸し出しているので、オフィスにぴったり。

WEAR

出典:WEAR

カジュアルなデニム×定番人気のボーダートップスに、ペールブルーのノーカラージャケットを持ってきたスタイリング。ノーカラージャケットを合わせると、きちんとした印象になるので、大人女性にぴったり。テーラードほどカッチリとした雰囲気ではないので、大人の余裕を感じさせます。

そこで今回、女性らしさを大切に、シンプル&ベーシックなスタイルに、程よくトレンドをミックスした、知的で洗練されたスタイルを提案するキャリアブランド「UNTITLED(アンタイトル)」で、今季1枚持っていると使えるVネックのノーカラージャケットとコートを見つけてきました!

早速、チェックしてみてください。

清潔感のあるホワイトのノーカラージャケット

UNTITLED(アンタイトル)

ノーカラージャケット 3万2000円(税抜)/UNTITLED(アンタイトル)

衿周りに共生地のフリンジがあしらわれたカラーレスジャケット。シャープですっきりとした印象に仕上がっています。ストレッチを表現するのが難しいツィード素材ですが、ウレタン混にすることで、程よいストレッチ性を持たせることができ、着心地がよくなっています。配色のミックス感も特徴です。また、さりげなくラメが入っているので、1枚羽織るだけで華やかな印象になります。トレンド感のあるカラーレスジャケットは、スカートの他、パンツやワンピースとも合わせられるので、活用度が高いアイテムです。

ノーカラー人気は、スプリングコートにも波及!

今季、ノーカラーはジャケットのみならず、スプリングコートにも波及しています。テーラードと違って、カチッとした印象がないので、エフォートレスな雰囲気で楽しめますよ。では、早速、ノーカラーのアウターを見ていきましょう!

トレンドのピンクのカラーレスコート

UNTITLED(アンタイトル)

ノーカラーコート 2万6000円(税抜)/UNTITLED(アンタイトル)

すっきりとしたカラーレスの布帛のライトアウター。シャープな印象になりやすいカラーレスのデザインですが、やわらかなAラインシルエットで女性らしい雰囲気。前を開けて着ることが多いスプリングコートなので、さらりと羽織ってもサマになるVネックデザインをセレクトして。ウエストベルトでマークしてきちんとした着こなしから、さらりと羽織るラフな着こなしまで、幅広いスタイルに活躍するアウターです。軽い着用感で、また脇には深めのスリットデザインが施されているので、足裁きもよく、ママの自転車通勤にも着用しやすくなっています。ナチュラルなストレッチ性も、着心地のよさにつながっています。今季トレンドのピンクのノーカラーアウターは、買いの1枚。

上品なネイビーのノーカラーアウター

UNTITLED(アンタイトル)

ノーカラーコート 3万4000円(税抜)/UNTITLED(アンタイトル)

ストールで有名な「FALIERO SARTI(ファリエロサルティー)」社の素材を使用した本格派カラーレスコート。ネックから前立ては緩やかなカーブを描き、スラッシュポケットにしたりなど、無駄な装飾を極力押さえたデザインがクール。良く見るとネック部分はカーブのスリット始末となっていたり、ミニマルな中にこだわりが見られる仕様となっています。着丈は97センチと、ジャケットとコートの間くらいの長さなので、気になるお尻が隠れるのが嬉しい。同素材のワンピースやスカートと合わせて、NEWセットアップスタイルとしても使えます。

=====================

【取材協力】
WEAR(ウェア)
UNTITLED(アンタイトル)

(以上、掲載順)

=====================





コメントを残す