円高一服で日経平均反発。キリンHDが高値、任天堂は9連騰ならず – 投信1

Home » ブランド » ファーストリテイリング » 円高一服で日経平均反発。キリンHDが高値、任天堂は9連騰ならず – 投信1
ファーストリテイリング コメントはまだありません



【東京株式市場】2017年3月28日

株式市場の振り返り-円高一服で日経平均株価は反発、終値も19,000円台を回復

2017年3月28日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,202円(+217円、+1.1%) 反発
  • TOPIX 1,544.8(+20.4、+1.3%)  反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,044.4(+13.7、+1.3%)  反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,804、値下がり銘柄数:153、変わらず:54
  • 値上がり業種数:32、値下がり業種数:1
  • 年初来高値更新銘柄数:82、年初来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は19億13万株、売買代金は2兆4,150億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。28日は権利付き最終売買日ということもあり、相応の買い意欲が出てきた模様です。ただ、それでも出来高は20億株に届かず、模様眺めが解消されたとは言い難い状況です。

続きを読む



参考記事

日経平均株価は、寄り付きから高く推移しましたが、前場の半ばに一時+127円高まで上げ幅を縮小する場面がありました。そかし、その後は再び買いが優勢となり、後場の序盤に+218円高となります。その後は一進一退の動きとなり、結局は高値に近い水準で引けました。

日経平均株価が堅調に推移した背景には、前述した配当取りの動きに加え、円高進行が一服した安心感があったと見られます。なお、TOPIXも同じような値動きで終わりましたが、上昇率は日経平均株価を上回りました。

東証マザーズ総合指数は反発となるものの、売買代金は9日ぶりに1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は7,245万株、売買代金951億円となり、いずれも前日から減少しました。特に、売買代金は9日ぶりに1,000億円を割り込んでいます。新規IPO人気が一巡したところに、目立った物色テーマが不足したことが主要因と言えましょう。

ただ、総合指数は配当取りなどにより反発して引けています。個人投資家の様子見スタンスが徐々に強まる中、29日以降の値動きが注目されます。

任天堂の9連騰ならず、グンゼは約8年半ぶりの高値更新

個別銘柄では、ダイキン工業(6367)が大幅続伸となり、同じく続伸となった東京エレクトロン(8035)は年初来高値を更新しました。また、京セラ(6971)や村田製作所(6981)など多くの電子部品株が値を上げ、とりわけ、日本電産(6594)は久々に大幅上昇となっています。

機械株ではSMC(6273)が急騰して高値を更新し、食品株ではキリンホールディングス(2503)も高値を付け、さらに繊維株ではグンゼ(3002)が約8年半ぶりとなる高値を付けたのが目立ちました。

一方、ファーストリテイリング(9983)が小幅ながら逆行安となり、任天堂(7974)は9日ぶりの反落となりました。

また、一時の勢いがなくなったJR九州(9142)が値を下げて、これで5日続落となっています。その他では年初来高値更新が続いた松屋フーズ(9887)も大幅下落で引けました。

新興市場では、ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングス(3561)が▲7%近く下げて連日の急落となり、同じく直近のIPO銘柄であるインターネットインフィニティ―(6545)も急落して安値を付けました。

一方、串カツ田中(3547)が小幅高となりました。ラーメンよりも串カツの方に人気があるようです。さらに、アスカネット(2438)が急騰して年初来高値を更新したのが目立ちました。

投信1編集部

参考記事

あわせて読みたい

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。



コメントを残す