渋谷・新宿・池袋ってどんな街? 上京前に徹底予習!【学生記者】 – 日刊アメーバニュース

Home » 新宿 » 渋谷・新宿・池袋ってどんな街? 上京前に徹底予習!【学生記者】 – 日刊アメーバニュース
新宿 コメントはまだありません



みなさんこんにちは。横浜国立大学1年の高晃です。

この春から晴れて大学生になるという人のなかには、地方から関東の大学を受験し、一人暮らしを始めるという人も多いのではないでしょうか。しかし、いざ東京の街へ行ってみようと思ったところで、名前は知っていても実際はどんな街なのかわからないという場合が多いと思います。そこでこの記事では、東京の街の中でもとくに有名な3つの街、「渋谷」「新宿」「池袋」の街の特徴について解説していきたいと思います。

■ 渋谷

「若者の街」というイメージのとおり、3つの街のなかで一番年齢層が低いのが渋谷です。特に休日はその傾向が強く、中学生・高校生が街にあふれています。ファッション施設や百貨店を中心にして買い物をするための店が多いです。また、文化発信の街でもあり、美術館や劇場が点在していることも特徴の一つです。飲食店も学生向きの店が多く、お財布に優しく飲み食いできるでしょう。以前に比べると治安はよくなっていると思いますが、夜のセンター街と道玄坂の路地には注意しましょう。また、ハロウィンをはじめとしたイベントの日はもちろん、サッカーの代表戦など大きなスポーツイベントがある日も渋谷は大混乱するので注意しましょう。

■ 新宿

高層ビルが立ち並び、日本の中心としての役割を担う新宿にはサラリーマンも多く、年齢層は高めです。また、巨大な街ゆえに多種多様な人がおり、ある意味で雑然としているのが新宿です。百貨店が多く立ち並んでおり、ブランド品から本・雑貨にいたるまでをすべて駅周辺で買いそろえることができるでしょう。また、家電量販店の激戦区なので、欲しい家電が思わぬ価格で手に入るかもしれません。もちろん、カラオケなどを楽しめる施設もたくさんあるので、遊びにきても楽しめます。飲食店はサラリーマン向きの価格帯の店も多いので注意しましょう。そしてやはり、夜の歌舞伎町は迂闊に踏み入れると危険ですから気をつけましょう。映画館などの娯楽施設があるエリアから歌舞伎町はすぐなので、うっかり迷って入ってしまわないように注意しましょう。

■ 池袋

副都心としての顔と埼玉への玄関口としての顔を併せ持つ池袋には娯楽施設も多く、3つの街の中ではいちばん大学生が多い街でしょう。近年は秋葉原に次いでサブカルの街としての地位も確立しており、多様な分野に興味を持つ大学生が集う街となっています。また、サンシャインシティという一大観光スポットがあり、グルメにショッピングにと一日中楽しむこともできます。もちろん、駅には東武と西武の百貨店が併設されているので、買い物に困ることもないでしょう。周辺に大学が多いためか、書店が日本随一といってよいほど充実しているのも特徴です。そして、池袋といえば日本屈指のラーメン激戦区で、行列店が立ち並びます。自分に合った安くておいしいラーメンを見つけてみるといいでしょう。池袋の北西部は昼間でも人通りも少なく、治安があまりよくないのでなるべく通らないようにすると安全です。

■ まとめ

渋谷、新宿、池袋の特徴、いかがだったでしょうか。その街のことを知るためには実際に歩いてみるのが一番です。この記事に書いてあったことを心の片隅におきながらこれらの街を歩いてみれば、自分なりの楽しみ方が見つかるのではないでしょうか。

文・高晃

【関連リンク】
落ち込んだときにおすすめ! 聴くと元気になるレゲエの曲3選【学生記者】
【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!
東京の◯◯にビックリ! 上京してきた大学生あるある【学生記者】
【入学当時のスケジュール帳】入学前にSNSで繋がらないと詰むって本当? 意外とシンプルな友達作りのコツ【学生記者】





コメントを残す