脚長効果!初心者のためのハイウエストパンツコーデ

Home » ファッション » 脚長効果!初心者のためのハイウエストパンツコーデ
ファッション コメントはまだありません



ハイウエストパンツの2つのメリットって?

春夏の定番、リネンシャツも違った雰囲気に

春夏の定番、リネンシャツも違った雰囲気に

この春目立っているオシャレなボトムスといえば、断然 ハイウエストパンツ。シンプルコーデでも今っぽいオシャレ感が出るのが魅力。春夏の定番リネンシャツもこなれた雰囲気になるなど、手持ちのトップスをまた違った感じで着こなせるのが嬉しいポイントです。

ハイウェストとローライズ、この差が全部足の長さにプラスされます

ハイウェストとローライズ、この差が全部足の長さにプラスされます

そしてウエスト位置が上がることにより、ヒールに頼らなくても履くだけで足が長く見える、と2度おいしいパンツなんです。

クロップド丈のトップスと相性抜群

クロップド丈のトップスと相性抜群

流行中の、横幅はあるけれどその分丈の短いクロップド丈のトップスにもハイウェストはぴったりマッチします。「腰回りが目立ちそう……」と抵抗を感じる方でも、コーデや選び方次第で違和感なく履きこなせるはず! 実際にご紹介していきます。

どれぐらい脚長に見えるのかを前&横からチェック

前だけインしたら、横や後ろは出していてもOKundefined体型カバーにも役立ちます

前だけインしたら、横や後ろは出していてもOK 体型カバーにも役立ちます

ハイウエストのパンツを着る時はトップスをインするのが鉄則。後ろは出したままでもヒップ周りのカバーに役立ちますが、必ず前の一部分はインして、ウェストの位置が分かるようにしましょう。初心者はカットソーやシャツなど柔らかい素材からトライするのがオススメ。

トップスとボトムスでコントラストを付け過ぎないのも着やせ効果につながります

トップスとボトムスでコントラストを付け過ぎないのも着やせ効果につながります

体型が気になるので腰回りを出したくない、という方は、着こなしテクでカバーできます。例えばボーダーなど目線を集めるトップスを合わせ、ロングカーディガンなど羽織もので縦長のラインを作ると、ウエストの位置はアップするものの目線が散らせて下半身も目立たず、バックスタイルも自然にカバーできます。それでも横から見るとハイウェスト効果が歴然。通常のボトムより数センチ足が長くなったように感じます。

 

ウェスト位置が上がることによって足も長く見える

ウエスト位置が上がることによって足も長く見える

潔く白Tやシャツとパンツを合わせるコーデもシンプルでオシャレですが、色のコントラストがハッキリしているとその分境界線が目立ちますので、慣れるまでは全身のコーデのトーンを揃えるのも着やせテクニックの一つです。

ぽっこりお腹やヒップ周りを隠したい時の選び方のコツ

1つ目はハリのある厚手素材を選ぶこと! 逆に避けたいのは、ジェギング、レギンスパンツと呼ばれるアイテム。パンツとレギンスの中間のようなボトムスは、楽な履き心地を実現するため、柔らかくフィットする素材を使用しています。そのため肉感を拾いやすく、お腹やヒップラインが出てしまうので避けた方が無難です。

とはいえ最近は、リボン風のベルトを付けたり、ギャザーを入れてボリュームを出すなど、ウエスト周りにアクセントをつけたデザインが増えています。下半身のラインが出にくいコーデが主流なので、インして着てみても、そこまで気にならないはず!

デニム風に見せてウェストがゴムになっているものは要注意

デニム風に見せてウェストがゴムになっているものは要注意

目安として、膝がポッコリ目立たないようなシルエットを選ぶのも一つのコツ

目安として、膝がポッコリ目立たないようなシルエットを選ぶのも一つのコツ

2つ目は、ストレートまたはワイドなシルエットを選ぶこと。腰から足先までのラインがはっきりと見えてしまうスリムよりも、つかず離れずなストレートや裾に向かって広がっていくワイドの方が、ラインが目立たず腰の位置だけが上がるのでスタイル良く見えます。

面積の大きいパンツは、派手でなくても全体のオシャレさを左右する大事なポイント。今は5000円以内で手に入る物も沢山あります。春ファッションに何か一つ新調するなら、迷わずハイウエストボトムがオススメです。





コメントを残す