2019年新潟開港150周年へ実行委発足 記念式典やイベント企画 – 日本経済新聞

Home » イベント » 2019年新潟開港150周年へ実行委発足 記念式典やイベント企画 – 日本経済新聞
イベント コメントはまだありません



 2019年の新潟開港150周年に向け、新潟県や新潟市などは28日、記念事業を手掛ける実行委員会を設立した。記念式典のほか県内企業や市民団体などと協力した関連イベントを企画。17年夏ごろにかけて基本計画をまとめ、18年7月から記念イベントを順次、開催していく計画だ。

 同日、新潟市内で設立総会を開き、発起人の米山隆一知事や新潟市の篠田昭市長をはじめ、官公庁や商工会議所、市民団体の代表ら約110人が参加。記念事業の基本計画の骨子や17年度予算などを決めた。

 基本方針として、19年1月1日の開港150周年に合わせ、みなとまちを中心とした新潟ブランドの情報発信や、港湾エリアを核とした水辺空間の個性あふれるにぎわいの創造などを掲げた。

 実行委の会長を務める篠田市長は総会後に報道陣に対し「新潟はまだまだ港町のイメージが弱いという指摘もある。150周年の後には新潟といえば港町といわれるよう頑張っていきたい」と意気込みを語った。





コメントを残す