話題株ピックアップ【夕刊】(2):国際石開帝石、ソフトバンク、KTK | 注目 … – 株探ニュース

Home » ブランド » ファーストリテイリング » 話題株ピックアップ【夕刊】(2):国際石開帝石、ソフトバンク、KTK | 注目 … – 株探ニュース
ファーストリテイリング コメントはまだありません



市場ニュース

戻る

2017年03月30日15時28分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):国際石開帝石、ソフトバンク、KTK

ソフトバンク <日足> 「株探」多機能チャートより

■国際石油開発帝石 1605>  1,113円  +3 円 (+0.3%)  本日終値
 国際石油開発帝石1605>、JXホールディングス5020>など資源・石油関連株が堅調。ここ原油価格が戻りに転じており、前日のWTI原油先物価格は1ドル14セント高の1バレル=49ドル51セントと大幅高した。前日の米国株市場ではシェブロン、エクソンモービルなどのエネルギー関連株が買われており、この流れが東京市場にも波及している。

■ソフトバンクグループ <9984>  7,932円  -102 円 (-1.3%)  本日終値
 ソフトバンクグループ<9984>、ファーストリテイリング<9983>など日経平均寄与度の高い値がさ株が、裁定解消売りの直撃で後場下げ幅を広げた。後場後半になって日経平均は売り圧力が強まるなか、1万9000円トビ台前半まで水準を切り下げた。市場では「前場(日経平均が)安かったにもかかわらず、後場寄りに日銀のETF買いが観測されなかった。その後、先物に海外筋とみられる仕掛け的な売りが出たようだ」(準大手証券ストラテジスト)とし、先物安につられ裁定解消売りが現物株市場を押し下げた格好となっている。

■TOTO <5332>  4,280円  -55 円 (-1.3%)  本日終値
 TOTO<5332>が3日ぶりに反落。ドイツ証券は29日、同社株のレーティングの「セル」を継続した。目標株価は3260円としている。同社は第2四半期決算時に17年3月期の営業利益予想を510億円から480億円に引き下げた。同証券では、「国内事業の厳しさは変わらず」と指摘し、今3月期の連結営業利益は464億円と一段の下方修正を予想している。

■ニトリホールディングス <9843>  13,960円  -120 円 (-0.9%)  本日終値
 ニトリホールディングス<9843>は昨年来高値を更新後、反落。岩井コスモ証券は29日、同社株の投資判断「A」と目標株価1万6000円を継続した。28日に発表した17年2月期の連結営業利益は前の期比17%増の857億7600万円と30期連続の増益を達成。同証券では、出店拡大で増益基調は続くと予想。18年2月期の同利益は会社予想の999億円に対し、1030億円(前期比20%増)と増額修正を予想している。

■ケイティケイ <3035>  385円  +80 円 (+26.2%) ストップ高   本日終値
 29日、ケイティケイ <3035> [JQ]が17年8月期上期(16年9月-17年2月)の連結経常利益を従来予想の7100万円→1億5400万円に2.2倍上方修正。従来の34.9%減益予想から一転して41.3%増益を見込み、7期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。原材料費の低減を中心とする製造・調達コスト削減や、通信費の見直しによる経費抑制などが奏功し、採算が改善した。併せて上期増額分を下回る形で、通期の同利益を1億4700万円→1億8000万円に22.4%上方修正。減益率が31.3%減→15.9%減に縮小する見通しとなった。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の3円→5円(前期は5円)に増額修正したことも支援材料となった。

■ぱど <4833>  391円  +80 円 (+25.7%) ストップ高   本日終値
 ぱど<4833>がストップ高。同社は29日取引終了後に、RIZAPグループ<2928>と広告出稿業務受託契約を締結したと発表。これが材料視されたようだ。同社は2月13日にRIZAPグループと資本・業務提携したことを発表しており、今回の契約はシナジー創出の具体的施策の一環。同社では、RIZAPグループ各社からの継続的な受注により、安定的な収益を確保することが可能になるとしている。

■関門海 <3372>  391円  +80 円 (+25.7%) ストップ高   本日終値
 関門海<3372>がストップ高。同社は29日、「玄品ふぐ」の中国フランチャイズ展開に向けて、上海企業とエリア本部契約を締結したことを発表、これを手掛かり材料に投機資金が流入している。

■ジーンズメイト <7448>  277円  +28 円 (+11.2%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
 ジーンズメイト<7448>が後場一段高。同社の親会社であるRIZAPグループ<2928>がきょう、コンプレッションウェアを中心としたウェアシリーズの本格販売を開始したと発表。RIZAPのアパレル展開が刺激材料となったようだ。RIZAPグループは、ジーンズメイトに対し今年1月17日から2月13日にかけてTOB(株式公開買い付け)を行い、574万8809株を取得。このほか第三者割当増資による取得分345万株とあわせ、計919万8809株(議決権所有割合63.99%)を取得し、2月20日付で子会社化している。

株探ニュース



【関連記事・情報】



コメントを残す