ZARAにデザインを「盗作」されたデザイナーたち、結束して被害を主張 – ハーバー・ビジネス・オンライン

Home » ブランド » Inditex » ZARAにデザインを「盗作」されたデザイナーたち、結束して被害を主張 – ハーバー・ビジネス・オンライン
Inditex コメントはまだありません



ZARAの「盗作被害」にあったデザイナーたちのサイト「shoparttheft」

 ファスト・ファッション(Fast Fashon)とは、衣料品の分野で最新の流行を素早く取り入れ、量産体制を導入して安価な価格で提供し、中間業者を通さず消費者に直接販売するシステムである。その王者に君臨しているのが「ZARA」を旗艦ブランドとしているスペインのガリシア地方で誕生したインディテックス(INDITEX)である。

 イブ・サンローランの傍に長く仕え、彼を支え続けたピエール・ベルジェがZARAの急成長を見て、「ファスト・ファッションに創作は必要ない。あるものを真似て、安く提供するだけで良い。あとはマーケティングの力だけである」と語った。

 ファスト・ファッションを存続させ、発展させるためには既存のものを如何に真似るかということに依存するようになる。その真似るのに、小規模で活躍しているデザイナーの作品や、まだ無名のデザイナーの作品をZARAが盗用しているということがこの3~4年問題にされている。

 最近、注目を集めたのは米国ロサンゼルスで活躍しているインディー系デザイナーのチューズデイ・バッセン(Thuesday Bassen)の作品を盗用していたことが発覚したことだ。彼女はインスタグラムを通して、<「昨年、ZARAは私の作品を盗用し続けていた」>と指摘し、弁護士が同ブランドと損害賠償の交渉をしていることを公にしたのであった。

Tuesday BassenInstagram それに対して、ZARAからの回答は、“彼女はインディ系の一人のデザイナーである。我々は巨大企業で、今回のケースが取り沙汰される程には、彼女は充分に知られていない”といった内容の回答だったという。彼女に知名度がないといっても、これまでADIDAS、NIKE、HELLO HOLIDAY、URBAN OUTFITTERなどと仕事をした実績を持っている女性である。

 ZARAとの交渉の為に既に彼女は弁護士に2000ドルを支払っていた。彼女のファンが資金的に協力したいという申し出もあったそうであるが、彼女はファンにその協力を断っていた。その代わりに、ファンのネットでも今回の盗用のことを広めて欲しいと依頼したそうだ。そうは言っても、彼女は法的解決に諦めることなく、弁護士を通して訴え続けた結果、ZARAの方で盗作とされているものの生産を中止し、インディテックスの弁護士と和解交渉に取り組んでいるそうだ。(参照:「20minutos」)



次ページ「被害者」たちの結束



コメントを残す