銀座強盗:取引数分後に被害 事前に情報把握か – 毎日新聞 – 毎日新聞

Home » 銀座 » 銀座強盗:取引数分後に被害 事前に情報把握か – 毎日新聞 – 毎日新聞
銀座 コメントはまだありません



バッグが奪われた現場



4000万円入りバッグが奪われた事件

 東京・銀座の路上で21日に4000万円が入ったバッグが奪われた強盗事件で、被害者の男性(44)が現場近くの建物で金を受け取った数分後に襲われていたことが、警視庁築地署への取材で分かった。同署はバッグを奪った男らが事前に男性が金を持っているという情報を把握していた可能性があるとみて調べる。

 男性は21日午後1時半ごろ、中央区銀座5の路上で男に後方から体当たりされ、バッグを奪われた。男は仲間とみられるバイクに乗った2人組とともに逃走した。男性は近くの建物で取引をした直後だったといい、男らはこの取引を知ったうえで男性を狙ったとみられる。

 防犯カメラの解析などで、3人は現場から南の方向に逃走し、約130メートル離れた銀座5丁目交差点を通過したことが確認されたという。同署は逃走ルートの特定を進めている。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】






コメントを残す