600万もする高級室内墓 選ぶ層が確実にいる – ニフティニュース

Home » 青山 » 600万もする高級室内墓 選ぶ層が確実にいる – ニフティニュース
青山 コメントはまだありません



600万もする高級室内墓 選ぶ層が確実にいる

実相寺青山霊廟の「特別壇」(写真/実相寺青山霊廟提供)

 ひとくちにお墓と言っても、その内実はさまざまだ。私たちが当たり前のようにイメージしていた外墓に代わって、今、急速に増えている室内墓。その中には「動くお墓」と「動かないお墓」がある。「動くお墓」は、お参りの場で待っていると墓が移動してきて故人を偲べるもの。今回紹介するのは「動かないお墓」。ノンフィクションライターの井上理津子さんがレポートする。

 * * *
 ここ10年ほどの間に、とりわけ東京で急増した「室内」のお墓(納骨堂)の形式は、卑近な言い方をすると「動くお墓」と「動かないお墓」に二分される。前者は参拝ブースに設置した共用の墓石の中に、保管庫から骨壺が自動搬送されてくる形。後者は墓石は用いず、仏壇やロッカーなどに骨壺が保管される形だ。

 私にはお墓とはお寺の境内や霊園の地面に建つものというイメージしかなかったため、取材当初はいずれも斬新に映ったが、もう慣れてきた。

 30余年前、この仕事を始めた頃は原稿は手書きだった。それが、ワープロになり、パソコンになって、もう何年になるのか。「そんなものを使うと、思考の回路が崩れる」といわれたのは、とんと昔のことだ。

 誰もが便利さを認め、わが業界で手書き原稿がほぼ流通しなくなって久しいが、かといって日常の暮らし等のシーンでの手書きはなんら変わらない。ふとそんなことも思いながら、お墓巡りを続ける。

「動かないお墓」の2回目。今回訪ねたのは、驚くべき価格のところだ。

 ブランドショップが並び、おしゃれな人たちが行き交う東京・青山。その一角に佇む4階建ての実相寺は1634年創建の臨済宗のお寺だが、堂内「青山霊廟」に「特別壇」と称する、なんと600万円の仏壇型のお墓があった。

 東京のお墓の最高峰とされる青山霊園の価格(1.6平方メートル437万6000~4平方メートル1094万円=昨年度)と肩を並べる高額ですね…と、開口一番つい言ってしまった。

「お墓は、場所や雰囲気やサービスを考え合わせないと、高いも安いもないと思いますよ」

 青山霊廟の販売を担当するせいざん株式会社社長の岩田貴智さん(45才)に、やんわりとたしなめられ、とにもかくにもエレベーターで3階に上がり、見せてもらう。本堂が2011年に建て替えられた時に設置されたという50平方メートルほどの納骨堂は、荘厳でもあり、明るくもあった。

 代々木の寺院で、初めて「動かないお墓」が並ぶ納骨堂に入り、凜とした空気に気圧されたが、堂内全体を見守るという薬師如来が鎮座し、ここも引けをとらない。一方で明るく感じたのは、彼岸から幾日も経たないその日、供花が多かったためと、ロッカー壇の表面一面に桜やもみじの絵がカラフルに描かれていたためだろう。

 そのような中、まるで「仏壇」のように見える形のものに、ひきつけられた。それが600万円の「特別壇」だ。幅は62cm。人ひとりが立つといっぱいのサイズだが、高さは2m近くあろうか。

「木製部分は、天然漆をしのぐ高品質を誇り、日本の美の工芸品に使用されるのと同じカシュー塗りなんです。須弥壇に、すべて手彫りの薬師如来様が安置されていますでしょう?」と岩田さんが言う。

 すべてに高級素材が使われ、伝統的な技巧が凝らされているのだ。ガラスの扉を開け、須弥壇と呼ぶ内部に目を凝らす。

 仏壇の中に、金箔があしらわれた豪華なお社があるような造りで、その中央に小型の薬師如来が実に柔和なお顔で鎮座していらっしゃる。上部は格天井。両脇の円い柱は、白檀塗りの蒔絵仕上げだそうだ。屋根の部分には精緻な破風が設しつらえられ、仏壇というより、それぞれ“小さなお寺”といってもいいんじゃないか、と思う。

「お飾りは自由」とのことで、数人分の位牌と遺影、ウイスキーのミニチュアボトルや菓子類が置かれているところもある。そして下部は、表面を曲面に加工したというしゃれた御影石。その中に「数に制限なく、納骨していただけます」との納骨スペースが用意されていた。期間を限定せず、永代にわたって使用できるという。

「自動搬送式のお墓は、お参りに行くかたにとってはきれいな場所でいいでしょうが、中にお入りになっているご先祖の気持ちを考えると、この方式がベストだと思います。自動搬送式ではご先祖がほとんどの時間を暗い保管庫で過ごさなければならないのに対し、ここなら常に明るい場所にいられます」

 岩田さんが笑顔でそう話した。反射的に「なるほど」と答えた後、骨は、お参りする人にとってメンタル面では故人そのものだという発想だと思った。わからなくはないけれど、人は気持ち的に何に向かって手を合わせるのだろうとお墓の根源的なことに思いを巡らせ、頭がこんがらがる。

「『特別壇』はすでに、全6基のうち4基が売れ、好評です。特別壇と調度が異なる『家族壇』15基は完売。その両方を4階に増設したばかりです」

 特別壇と、通路を挟んだ向かい側に並んでいるのが、300万円の「家族壇」だ。背の高さは特別壇と同じだが、幅が約半分。下部の遺骨収納場所の扉に薄ピンクの蓮の花と緑の葉や茎が描かれている。300万円だって、そんじょそこらの外墓以上の価格だ。外墓に比べて安いことを理由に室内のお墓を選ぶのではない層が、しっかりいるのだと改めて認識せざるを得ない。

「仏壇型を求め、家に仏壇を置く必要がなくなったと、先祖を拝む場所を一本化したかたもいらっしゃいますよ」(岩田さん)

※女性セブン2017年5月4日号





コメントを残す