【セキュリティ ニュース】MUFGカード装うフィッシング – NICOSやAMEX … – Security NEXT

Home » ブランド » Next » 【セキュリティ ニュース】MUFGカード装うフィッシング – NICOSやAMEX … – Security NEXT
Next コメントはまだありません



三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。IDを暫定的に変更したなどと不安を煽って偽サイトへ誘導。個人情報をだまし取る。

20170424_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、今回のフィッシング攻撃では、「重要:必ずお読みください」といった件名のメールが送信されているという。

メールの本文は、MUFGカードのウェブサービスが第三者よりアクセスされ、登録IDを暫定的に変更したなどとだます内容。

「任意のIDへ再変更」などと称して偽サイトへ誘導し、氏名や住所のほか、クレジットカード情報、ウェブのアカウント情報など、個人情報を詐取する。

今回の攻撃では、同社が発行する「NICOSカード」や「DCカード」のほか、「MUFGカード・アメリカン・エクスプレス・カード」「JAカード」「UFJ JCBカード」など複数のカードブランドを対象としていた。

(Security NEXT – 2017/04/24 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR


関連記事

「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 – HTTPS利用で安全演出も
2017年1Qのインシデントは4856件 – サイト改ざんが41%増
「MUFGカード」の利用者から個人情報だまし取る偽サイト – 類似攻撃にも注意を
「アカウントの更新が必要」とだます偽アマゾンにご用心
3月のフィッシング攻撃、報告減となるも誘導先URLは増加傾向
「Office利用できなくなる」とだますフィッシング – フィ対協が今月2度目の注意喚起
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 – 検挙数は増加
「パスワード変更完了」偽通知メールに注意 – 「ウェブマネー」装うフィッシングが発生
「プロダクトキーが不正コピー」と不安煽るフィッシングが再び
セゾンを装うフィッシング、日時入りの件名で緊急感を演出か





コメントを残す