こんなスーツがほしかった 「疲れないジャストフィットと出合えました」(前編) 西島秀俊(俳優) – GQ JAPAN

Home » ブランド » Next » こんなスーツがほしかった 「疲れないジャストフィットと出合えました」(前編) 西島秀俊(俳優) – GQ JAPAN
Next コメントはまだありません

GQ A-xperience by GIORGIO ARMANI

Made to Measure by Giorgio Armani #2

ジョルジオ アルマーニのオーダーメイド「メイド トゥ メジャー」(MTM)キャンペーンモデルとして、俳優の西島秀俊が起用されることが発表された。出来あがったばかりの美しいスーツに身を包んだ西島に、早速インタビュー!

Photos: Junji Hata @ Cyaan
Styling: Taka Kawasaki @ mild
Hair & Make-up: Masakazu Kameda
Words: Kosuke Kawakami
Direction: Mitsuyasu Hashida

西島秀俊 ジョルジオ アルマーニ MTM

ウエストはかなりタイトに絞り込んでいるように見えるが、「ボタンを留めていても窮屈さはまったく感じません」と着心地を語る西島秀俊。ジョルジオ アルマーニのサイトでは舞台裏の映像や写真を公開中

【目次】
“リラックスを楽しむ”というアルマーニの流儀
ジャストサイズを纏った西島秀俊のフォトギャラリー
「本来のスーツづくり」を体感する
どんなに動いても美しさを保つスーツ
ジョルジオ アルマーニ メイド トゥ メジャー サイト

西島秀俊 アルマーニの顔に

凛々しいとは、こういう男のことをいうのだろう。ときおり見せるはにかんだような笑顔も素敵だが、真剣な表情でカメラを見るその真っ直ぐな眼差しには、同じ男でもハッとさせられることがある。

この3月、ジョルジオ アルマーニが西島秀俊を「メイド トゥ メジャー」(MTM)のキャンペーンモデルとして起用することが発表された。

「ジョルジオ アルマーニは、僕らの世代にとって憧れのブランド。エレガントで豊かな雰囲気でありながら、同時にエネルギーも感じさせてくれる。そのブランドのモデルとして自分が選ばれたことに驚きましたし、すごく光栄に感じました」

西島が驚いたのも無理はない。ジョルジオ アルマーニが日本人を広告のキャンペーンモデルとして起用するのは、極めて異例。しかも今回、スーツづくりはもちろん、写真のセレクトやレイアウトまで、ジョルジオ・アルマーニ氏自らが細かく指示を出して行われたという。ジョルジオ・アルマーニ氏が今回の西島起用について、こんなコメントを発表している。

「私は着る人が、その人の自然さを持っているのが好きであり、服に着られているのではなく、その人の個性が際立つように服をつくってきました。西島秀俊氏は、写真を拝見しただけで、この人の人となりがはっきりと見えました。私は西島氏の人格とスタイルの両方を高く賞賛しています。私は常に日本とその美学を愛しています。それはいつも私のインスピレーションの真の源となっています。同様に、私は才能豊かな西島氏の優雅さが、この国とその文化をまさに具現化しているように感じ、敬意を表しています」

西島秀俊 ジョルジオ アルマーニ MTM

背中に沿うようにフィット。まるでTシャツが体に吸い付いているかのように、シワひとつ入ることがない。ジョルジオ アルマーニのサイトでは舞台裏の映像や写真を公開中

「ここまでこだわるのか……」

まさに最大限の礼賛といってもいいだろう。撮影に使われた3ピーススーツは、西島のためだけに制作されたもの。もちろん通常のMTMと同じように、最初は丁寧な採寸から作業がスタートした。

「最初は少し戸惑って緊張していたんです。でも、スタッフの方から『お客様にリラックスして楽しんでいただくのがアルマーニの流儀です』といわれて、気が楽になりました。素材や仕立てが最高級なのは分かっていましたが、そういう愛情をもった接客もとても心地よく感じました」

MTMを体験した者は、誰もが口にする。「ここまでやるのか」と。西島も同じように感じたという。NEXT PAGE

コメントを残す