レナウンは連日大幅高、低価格の新ブランドなどへの期待続く – 財経新聞

Home » ブランド » ファーストリテイリング » レナウンは連日大幅高、低価格の新ブランドなどへの期待続く – 財経新聞
ファーストリテイリング コメントはまだありません

■前期は営業・順損益が赤字だったが今期は黒字化を見込む

 レナウン<3606>(東1)は24日の前場、24%高の195円(38円高)まで上げて年初来の高値を大きく更新し、大幅続伸。前引けにかけて東証1部の値上がり率1位を競う展開になった。21日にファーストリテイリング<9983>(東1)の「ユニクロ」などと同水準の価格帯を想定する新ブランドを2018年春に開始すると日本経済新聞が伝え、引き続き期待材料視されている。

 前期・2017年2月期の連結業績は営業・純利益が赤字だったが、今期・18年2月期の見通しは、営業利益を2億円の黒字、純利益を5億円の黒字とし、経常利益は前期比3.3倍の5億円、1株利益は4円99銭の見込みとする。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

■前期は営業・順損益が赤字だったが今期は黒字化を見込む

 レナウン<3606>(東1)は24日の前場、24%高の195円(38円高)まで上げて年初来の高値を大きく更新し、大幅続伸。前引けにかけて東証1部の値上がり率1位を競う展開になった。21日にファーストリテイリング<9983>(東1)の「ユニクロ」などと同水準の価格帯を想定する新ブランドを2018年春に開始すると日本経済新聞が伝え、引き続き期待材料視されている。

 前期・2017年2月期の連結業績は営業・純利益が赤字だったが、今期・18年2月期の見通しは、営業利益を2億円の黒字、純利益を5億円の黒字とし、経常利益は前期比3.3倍の5億円、1株利益は4円99銭の見込みとする。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

コメントを残す