安倍昭恵さん ロンブー淳やコブクロら華麗なる人脈を持つ – ニフティニュース

Home » 池袋 » 安倍昭恵さん ロンブー淳やコブクロら華麗なる人脈を持つ – ニフティニュース
池袋 コメントはまだありません

安倍昭恵さん ロンブー淳やコブクロら華麗なる人脈を持つ

バラエティに富んだ安倍昭恵さんの人脈

 森友学園問題を機に、それまで積極的に更新していたフェイスブックや講演、イベントも次々とキャンセルし自粛している安倍昭恵さん(54才)。今は官邸による事実上の監視下に置かれる日々が続いているという。

 ファーストレディーになって以降、昭恵さんは、自分を蝶よ花よと持ち上げてくれる“華麗なる人脈”を築いてきたが、ついに年貢の納め時だ。

「ミーハーな昭恵さんには、自ら“異業種交流会”を開催して築いた芸能人や文化人、起業家や評論家らとのパイプが豊富です。その一方で森友の籠池さんのように、首相夫人というブランドや政治力に期待して近づく人も多い。安倍首相が退くまで、そうした人々との交流は許されないでしょう」(政治部記者)

“アッキー人脈”は幅広い。

 芸能界では、本誌・女性セブンのスクープで交流が発覚した布袋寅泰(55才)。都内のバーで泥酔した昭恵さんが深夜0時過ぎに携帯一本で布袋を呼び出した後、大柄な布袋にしなだれかかって首筋にキスをする姿に周囲の人間は声を失った。

「昭恵さんは昔から歌うことが好きで、酔っ払うとすぐにカラオケ。ある時、コブクロの小渕健太郎(40才)に電話して呼び出し、持ち歌を歌ってもらっていたことがありました」(昭恵さんの知人)

 音楽ユニット「東京プリン」の伊藤洋介(53才)とは1990年代前半に安倍首相のお膝元である山口県のラジオ局で一緒にパーソナリティーを務めたこともあって、「元カレ」との噂が流れたことも。

 女優の黒木瞳(56才)は昭恵さんとラジオ番組にゲスト出演したり、一緒に食事をしたりするほど仲がよかった。韓流スターのパク・ヨンハ(享年32)は『冬のソナタ』以来の熱烈なファンで訪韓時に韓国語で挨拶し、一緒にゴルフをしたこともあるという。

 お笑い界にも、彼女の知り合いは多い。

「ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43才)とはラジオの共演から交流が始まり、後に昭恵さんが淳に参院選への出馬を依頼したと報じられたほど。はるな愛(44才)とは一緒に温泉に入る間柄で、絵本作家として活躍するキングコングの西野亮廣(36才)とも親交があります」(芸能ジャーナリスト)

 昭恵さんのお気に入りには新進気鋭の起業家や文化人も揃っている。

「起業家の家入一真氏(38才)や社会学者の古市憲寿氏(32才)は公邸で昭恵さんと歓談する仲です。デザイナーの芦田多恵氏(52才)やコシノジュンコ氏(77才)と公私ともに関係が深く、海外公務にも何度も同行しています」(前出・政治部記者)

 反安倍政権を掲げる有名人との交流も決していとわないのが“アッキー流”だ。

「池袋のバーで知り合った社会活動家の三宅洋平氏(38才)と米軍基地問題で意気投合し、官邸主導で進めている沖縄の米軍基地建設現場に一緒に電撃訪問しました。昭恵さんがいきなり首相に電話をかけて、同席していた三宅氏と話させたこともある。さすがに安倍首相は『なんでおれが活動家としゃべらなければいけないんだ』とご立腹だったそうです」(政界関係者)

 アンチ安倍のみならず、反社会的勢力との交流も噂されるところが、いかにも昭恵さんらしい脇の甘さだ。

「昭恵さんは福岡でドッグシェルターを運営する団体の名誉顧問ですが、この団体の幹部は元暴力団組長だといわれます。また昭恵さんは、中国政府の工作員とされる弦楽器奏者とも親しくしていると報じられたことがあります」(前出・政治部記者)

 第二次安倍政権発足後、昭恵さんの「お付きの政府職員」だった谷査恵子さんは、森友学園問題の“口利きファクス”に名前が登場して一躍注目を浴びた。

「谷さんは6月にもイタリアにある政府系機関に異動する予定です。前々から決まっていた人事のようですが、またひとり、昭恵さんの元から親しい人が去っていくことになります」(前出・政治部記者)

※女性セブン2017年5月4日号

コメントを残す