GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。 – Pen-Online

Home » 銀座 » GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。 – Pen-Online
銀座 コメントはまだありません

2街区をまたぐ銀座の新名所、GINZA SIXもついに誕生しました。実はほかにも銀座には、東京オリンピックを前に新たなランドマークが登場します。今回Penは、進化し続ける街・銀座を、徹底的にアートの視点で解剖しました。

まず、アートな街で働く美しい女性6人のグラビアから始まります。続いて、時間の許す限り滞在したいアヴァンギャルドなギャラリーや「デザイン」を軸に見た銀座の歴史などをご紹介します。

さらに、グラフィックデザイナーの仲條正義さんが手がけた、松屋銀座や資生堂パーラーのパッケージや、プロも魅了する老舗文具店の銀座・伊東屋が登場。独自の視点で日本美術を扱う名美術商にもご案内します。もちろん、カルチャーファンにはたまらない施設、GINZA SIXのアート情報も網羅しました。圧巻の「新旧デザインが彩る、銀座・名建築MAP」は、名建築巡りの良き相棒にしてください。

銀座が常に刺激的なのは、この街で育ち、次なる銀座を考えている若い人たちがいるからでもあります。今回は、呉服店、テーラー、画廊カフェを営む3人の若旦那を取材しています。ほかにも、一流飲食店による「アートな食」や、小物・インテリア・食土産の究極のカタログもつくりました。そして、銀座といえば夜も必見です。夜景の美しいレストランやカフェと、太田和彦さんお薦めのバーを紹介します。この街をあらためて深く知る、大人の銀座総力特集です。

第2特集は、ウォッチトレンドを知る上で欠かせないSIHH(ジュネーブサロン)をレポート。今年発表された新作の中から珠玉の逸品を集めた、「SIHHで見つけた、渾身の腕時計17本。」です。お見逃しなく。

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

好評発売中の「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集。

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

銀座の街を歩くと、美女を多く見かける気がします。それが本当かどうか、検証するために銀座の街を徹底的にリサーチ。「資生堂パーラー」で販売を行う小野博子さんと、新ばし芸者の寿々女さんをはじめ、バーのママや歯科医、コンセルジュ、料亭のおかみといった、銀座の綺麗どころ6人のグラビアから本特集はスタートします。 ※写真は「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集より

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

いまの銀座はアートなものにあふれています。江戸時代の初期に銀貨製造の街として生まれたこの地は、明治時代以降は人々の憧れと土地として発展してきました。4月20日にオープンする「GINZA SIX(ギンザ シックス)」はこの街を大きく変えるでしょう。そんな銀座の最新を本特集でご覧ください。 ※写真は「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集より

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

2000年代以降、銀座は新しいコンテンポラリーアートと出会うことのできる大切な街のひとつになりました。老舗が集う街で最先端のアートを扱うこととはどういうことなのか、この街でいち早く現代美術を発信してきた「ギャラリー小柳」の小柳敦子さんに尋ねました。ほかにも、現存する日本最古のギャラリー「資生堂ギャラリー」など4つのギャラリーを巡って、その作品選びや思いに迫りました。 ※写真は「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集より

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

銀座6丁目に新たなランドマーク、「GINZA SIX(ギンザ シックス)」が誕生しました。2街区を占めるこの大きな施設に入る店舗は、なんと241! 基本設計にニューヨーク近代美術館などを手がけた谷口吉生、建物正面に輝くロゴマークは原研哉など、第一線のクリエイター陣が関わっているのも注目です。さらに、観世能楽堂が渋谷・松濤から移転、草間弥生による巨大な館内インスタレーションなど、魅力満載なこの施設を案内します。 ※写真は「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集より

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

世界一と言われる「銀座のすし」をはじめ、この街は最高峰には最高峰の食文化があります。たとえば、すしの名店「銀座 鮨青木」のお持ち帰り専用の折りは、味もさることながら美しさが秀逸です。ほかにも、銀座を代表する天ぷらや江戸料理、そしてフレンチや中華、パフェまで、一挙紹介します。※写真は「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集より

GINZA SIXもついにオープン!『Pen』5月1日号「アートな、銀座。」で、旬な銀座を完全制覇。

第2特集は、ウォッチトレンドをリードする、SIHH(ジュネーブ・サロン)のレポートです。“原点回帰”の傾向の中、有力時計メーカーの次なる進化は見逃せません。各時計メーカーの”渾身の一本”を、現地で撮り下ろしました。超薄型でフォルムの美しいカルティエ「ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラットウォッチ」や、コペルニクスが解明した太陽系のシステムを文字盤で表現したヴァシュロン・コンスタンタンの「メティエ・ダール・コペルニク・スフェール・セレスト 2460 RT」などを紹介します。 ※写真は「Pen」 5月1日 号「アートな、銀座。」特集より

「アートな、銀座。」

2017年 5月1日号 No.427 ¥630(税抜)

アマゾンで購入

コメントを残す