東京藝大と仏コルベール委員会…SF小説題材の学生作品を一般公開 … – リセマム

Home » ブランド » エルメス(Hermes) » 東京藝大と仏コルベール委員会…SF小説題材の学生作品を一般公開 … – リセマム
エルメス(Hermes) コメントはまだありません
エルメス(HERMES)、シャネル(CHANEL)、カルティエ(Cartier)、バカラ(Baccarat)などフランスを代表するラグジュアリーブランドのメゾン81社などで組織されるコルベール委員(COMETE COLBERT)と東京芸術大学美術学部が協力し、学生に作品の制作機会を設けた「2074、夢の世界」(Rever 2074)が6月17日より東京藝術大学大学美術館で一般公開される。

同プロジェクトは2014年に創設60周年を迎えたコルベール委員会が、次の60年後に、ラグジュアリーシーンのクリエイションはどう発展するのかを、自己を投影しながらその軌跡と未来を「ユートピア」と命名。具体的な表現方法として6人のSF作家による小説6編、一人の音楽家によるメロディー、一人の言語学者による新しい言葉を発表した。

今回の東京藝大とのコラボレーションは、この「ユートピア」を世界で初めて視覚化して提示されるもので、未来のアーティストの育成を目的にコンペティションとして開催される。

具体的には、コルベール委員会日本により日本語に翻訳(*電子ブックで一般にも公開)されているSF小説から1編を学生が選び。そこからインスピレーションを得た作品プランを募集。昨年6月に一次審査で選考された50名の学生に作品製作費が同委員会から支給され、同10月にはSF作家3名が来日し、ワークショップを開催。

今年6月16日に第2次審査が日仏両国の審査員により選考、同日優秀作品が発表される。ここで選ばれた作品は今年10月にパリで行われるFIAC(パリで開催される国際コンテンポラリーアートフェア)に招待、作品展示される。

「コルベール委員会は一点物を制作するオートクチュールメゾンが数多く参加しており、その精神を受け継いで、複数の国で同じイベントを繰り返すのではなく、一つの国でユニークな発想で行っていきたいと考えている。20世紀以前にフランスでジュール・ヴェルヌが生み出した“SF小説”が日本に持ち込まれ、受け入れられた。文学界においても深いつながりを持つ両国による文化的な深い対話の実現は、他の国では成り立たないプロジェクト」と同委員会プレジデント&CEOのエリザベット・ポンセル・デ・ポルト(Elisabeth Ponsolle des Portes)。

なお、今回の最終審査、表彰式に合わせてコルベール委員会に加盟しているフランスのラグジュアリーブランドのCEO30名も来日する。

【イベント情報】
「2074.夢の世界」
会場:東京藝術大学 大学美術館B2F
会期:6月17日~25日
時間:10時~18時(入場は閉館の30分前)
会期中無休
入場無料

Text: Tatsuya Noda

仏コルベール委員会と東京藝大がSF小説題材に学生の作品イベント公開

コメントを残す