スティーブ・カーHCが長期間コーチングキャリアを続けたい意思を表明 – NBA Japan

Home » ブランド » コーチ(COACH) » スティーブ・カーHCが長期間コーチングキャリアを続けたい意思を表明 – NBA Japan
コーチ(COACH) コメントはまだありません



ゴールデンステイト・ウォリアーズはスティーブ・カーHCが来シーズンもコーチしてくれると信じている。そしてどうやらカーHCは、それよりも長い期間ウォリアーズにいる予定のようだ。

月曜日(日本時間火曜日)にゴールデンステイトのボブ・マイヤーズGMが、来年もカーHCが指揮をとることに期待していると話したが、水曜日(同木曜日)にはカーHC自身が「しばらくコーチ職を続けたい」と話している。

ESPNのザック・ロウ記者のポッドキャスト『ロウポスト』に出演したカーHCは、「キャリアの全盛期を送っている選手が複数集まった」チームをコーチできていることがどれだけ幸運なことか理解していると語った。

「とてもレアなことなので、自分がどれだけラッキーなのかはよくわかっているよ。大好きなんだ。このグループが大好きで、彼らを毎日コーチできるのも大好きで、これからもずっとやっていきたいと思っている。その予定だから、私も全力で推進していかないとね」。

そしてNBA王者として恒例になっているホワイトハウスの訪問について、ドナルド・トランプ大統領から招待を受けても辞退するとチームが満場一致で決めた、という報道を否定した。

「まだそんな段階に至っていないし、あの報道は全部嘘だ。数人の選手が聞かれてはいるかもしれない。確かアンドレ(イグダーラ)とドレイモンド(グリーン)が聞かれていたかな。あとデイビッド・ウェストも。シーズン中にそんな話はしたことがないし、そもそもまだ優勝もしていないのにそんな話をするのは罰当たりだ。試合が終わった今も、そんなのは最後に考えるようなことだよ。今はただ祝って、全てを楽しんでいる」。

さらにカーHCはこう続けた。

「このお祝いムードの中に私が『みんな、みんなちょっと静かにしてくれ。ホワイトハウスに行きたいかどうか投票しよう』なんて言っているのを想像してみてよ。正気かい? ありえない。楽しすぎてそんなことしてる暇はないよ」。

カーHCはこれまでトランプ大統領に対して批判的なコメントを多く出している。イグダーラ、グリーン、ウェストも同様に大統領への不満を漏らしていた。ステフィン・カリーは水曜日(同木曜日)に、もし招待されてもホワイトハウスにはいかないだろうと話している。

原文:Steve Kerr plans to coach Warriors ‘for a long time’ by Ron Clements/Sporting News



[NBAファイナル2017総集編]ゴールデンステイト・ウォリアーズ 優勝への軌跡

NIKE FLASH SALE




コメントを残す