夏の定番!無地白Tのコーデ完全ガイド

Home » 媒体 » All About » 夏の定番!無地白Tのコーデ完全ガイド
All About, ファッション コメントはまだありません

首元は? 透け対策は? 白Tにまつわる疑問を一挙解決!

同じ白Tでも合わせるアイテムで印象が変わります

同じ白Tでも合わせるアイテムで印象が変わります

夏に欠かすことのできない定番アイテム、白Tシャツ。ですが普通に着ているだけでは、なんとなく垢抜けない……。こなれて見える今年らしい着こなしのコツは? Vネックと丸首、どっちをどう着こなすのが正解? インナーが透けるのが気になる……今回はそんなお悩みについてのお答えを、具体例と共にご紹介していきます。

パンツには首の詰まったクルーネックで旬な着こなし

今年はパンツに首の詰まったクルーネックの白Tシャツを合わせるコーデが一押し。これだけで旬のムードをプラスできます。特にフルレングスのパンツと、コンパクトにまとまった白Tとの組み合わせで生まれる脚長効果も嬉しいポイントです。


■通勤でもいけそう? オフィス用キレイめコーデ

オフィススタイルも今年っぽく垢抜ける

オフィススタイルも今年っぽく垢抜ける

いつものオフィス用パンツを今年らしく仕上げてくれるのが、首の詰まったクルーネックT。袖は短めの方がバランスが取りやすくおすすめです。ジャケットなどを着用する際のインナーとしてもピッタリ。オシャレかつ上品な印象に仕上がります。

■MY定番カジュアルがぐっと今っぽくなるデニムコーデ

この夏に一度は着たい、究極のシンプルカジュアルコーデ

この夏に一度は着たい、究極のシンプルカジュアルコーデ

今はシルエット問わずハイウエストのデニムが旬。そんなボトムスに合わせて白Tをインすれば自然と今っぽい着こなしに。レイヤードは最小限に抑え、トレンド感のある小物を合わせれば、いつもの定番カジュアルもぐっとオシャレ見えします。

■スウェットパンツをオシャレなワンマイルコーデに

スウェットパンツなどのカジュアルボトムもスタイリッシュに

スウェットパンツなどのカジュアルボトムもスタイリッシュに

ラフなボトムスこそ、クルーネックTシャツできちんと感をプラス。リラックスした着心地で、ちょっとそこまで、のワンマイルウェアを格上げさせてくれるコーデです。

スカートにはVネックで辛めのスタイリッシュさをプラス

スカートにTシャツを合わせる時は、少し着崩したカジュアルダウンを楽しみたいもの。ただし中途半端な丈であることが多いスカートとクルーネックTを合わせた場合、コーデが分断されてしまい詰まったような印象に……。背の高い方でない限りスタイルを良く見せるのは難しい組み合わせです。

そしてそもそもミセスコーデに多い組み合わせなので若干老けて見える危険も……。そんな時はVネックで首元に自然な抜け感をプラスし、あえてラフなバランスを楽しむのがオススメです。


■老け見え注意! ミモレ丈スカートはVネックでバランス良く

上品な印象になるミモレ丈スカートに抜け感をプラス

上品な印象になるミモレ丈スカートに抜け感をプラス

大人の女性に人気のミモレ丈スカート。こういったエレガントな印象のアイテムはシャープなVネックと相性抜群。特に春夏にピッタリのフレッシュなムードに仕上がります。

■バランスの取りにくいトレンドのアシンメトリースカートとも合う

トレンドのアシンメトリースカートを馴染ませてくれる

トレンドのアシンメトリースカートを馴染ませてくれる

左右対称ではない「アシンメトリースカート」が人気ですが、長さが違う分普通のトップスだとバランスが取りづらいことも。Vネックなら適度な抜け感が叶うので、ボトムのみが目立つこともなくオススメです。


■長めのタイトスカートはいつものVネックで馴染ませコーデ

長めのタイトスカートをカジュアルダウン

長めのタイトスカートをカジュアルダウン

Iラインを演出できる長めタイトは、今年らしくスタイルアップできるスカートとして人気です。スカートの中では比較的スタイルアップ効果のあるアイテムなのでクルーネックTでも合いますが、主張のあるスカートでもあるので、自分に馴染ませて着たいところ。足元のVカットミュールなど、抜け感アイテムを最低一つは入れるのが着やせのコツです。

白Tはウエストインするべき?

サイズ問わずインすれば今年っぽさがUP

サイズ問わずインすれば今年っぽさがUP

Tシャツをインするべきか、否か……でいうと、今年は断然インするのがオススメ。ハイウエストやコルセット、サッシュベルトの流行でもわかるように、今季はウエスト周りを「締める」シルエットがトレンドです。インすることで、「きちんと感」「スタイルUP」「今っぽいこなれ感」が叶うはず。抵抗がある場合には、前を少し入れるだけでも十分雰囲気が変えられますよ。

そもそもTシャツ自体がカジュアルなアイテムなので、アラフォー以上の大人が着ると、思っている以上にルーズな印象になる危険も……。例えばAラインのTシャツや、短め丈のTシャツならインしなくてもOKですが、ごく普通のTシャツの場合は是非インさせてみてください。ボトムスのウエスト位置でヒラヒラしている裾を少し入れるだけで確実にオシャレ度がUPします。

インのやり方はいたって簡単。いったん裾を全部ウエストに入れ、あとから少しだけ引っ張りだして調節するだけ。お腹周りが気になる場合はピタッとしたTシャツではなく、ゆとりのある大きめサイズでフィットしないラインを作り、前だけインする、という方法でも十分です。これだけでもかなり印象が変わりますので、是非取り入れて欲しいポイントです。

やっぱり気になる透け防止策

白は光を通す色なので、一番透けやすい色でもあります。下着の透け対策には、まずはヘビーウェイトなど厚手で透けにくい生地を選ぶこと。ただ、そういった生地は少し重みがあり、夏には正直暑いことも……。

一枚持っていると春夏アイテムにとにかく使える

一枚持っていると春夏アイテムにとにかく使える

そんな時に使いたいのが優秀なインナー類。色は定番のベージュカラーがやっぱり安心です。ユニクロのエアリズム脇パッド付きキャミソールは、ブラウスなど汗を吸いにくいアイテムなどにもとにかく使える優秀インナーです。

一番安心なのはやっぱり肌色に近いベージュ

一番安心なのはやっぱり肌色に近いベージュ

サラッとした着心地で汗をかいてもべたつくことなく快適さを保ってくれます。伸縮性のある素材なので、脇部分もすんなり馴染みほとんど気になりません。水分を含むとなかなか乾かないコットン製Tシャツのインナーにもぴったりです。

見えてもインナーっぽくないリブタンクなどが最適

見えてもインナーっぽくないリブタンクなどが最適

またはリブタンクなど、いかにも「下着」という感じではないインナーを重ねるのも◎。裾からチラっと出して差し色として使ってもこなれ感が生まれます。ライトグレーやネイビーなどのニュアンスカラーが特に人気です。

誰しも一枚は持っているものの、なかなか着こなせないという声もよく聞く白Tシャツ。今年らしい着こなしは少しのコツで簡単に取り入れられます。是非トライしてみて下さいね!

コメントを残す