エンポリオ アルマーニ 18年春夏メンズコレクション – イタリア男性が好む … – Fashion Press

Home » ブランド » アルマーニ » エンポリオ アルマーニ 18年春夏メンズコレクション – イタリア男性が好む … – Fashion Press
アルマーニ コメントはまだありません

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)の2018年春夏コレクションが2017年6月17日(土)に発表された。

序盤、立て続けに登場したフォーマルスタイルに、アルマーニの真髄を見た気がした。ジャケットだけでも、ウエストベルト付きのもの、ラペルの小さなサックジャケット風、チェック柄のダブルブレストブルゾンのように裾にコードが配されたもの……。ボトムスもそれぞれ、ラップスカートのようにレイヤードしたテーパードパンツ、大きくタックの入ったカーゴパンツ、ウエストベルトを効かせたトラウザー……。いずれもカラーは濃紺。異なるのはディテールで、イタリアの男性らしいフォーマルルックに、これまたそれらしい遊び心が効いて、この多様性が生まれている。

そんなスタートから続いたのは、意外にもオリエンタルなデザインだった。テキスタイルの上には鶴や鯉、蛇が配され、花柄のジャカードも同様に東洋の香り。チャイナボタンを配したジャケットに、ゆるいワークパンツと並んで、男性の道着や袴を想起させるようなフォルムを提案している。

終盤には、スポーツライン「Emporio Armani EA7」が息つく間もなく続々と現れたが、ナイロン素材のパーカーやハーフパンツなどアクティブなワードローブも同じテイスト。そして、今シーズンのキーカラーである赤が鮮烈だ。ジャカードは、より大胆な草木柄となり立体的に。ボトムスのレイヤリングは、色と柄、そして歩を進めるごとに動きによって力強く映る。

いよいよランウェイの最後を迎えると、後方スクリーンにショーン・メンデスの名前が紹介された。身につけていたのは、赤い花が刺繍されたシャツと端正なスラックス。彼は、「エンポリオ アルマーニ コネクテッド」から発売される新作時計の広告塔を務めることが決定している。

コメントを残す